TOP > ニュース 一覧

【RISE】王者・山田洸誓への挑戦権懸け、”破壊獣”タップロンvs四冠王・実方拓海が対決

2020/10/06(火)UP

タップロンと実方のムエタイベース対決

 11月14日(土)東京・後楽園ホールで開催されるキックボクシングイベント『RISE 143』の対戦カードが発表された。

 スーパーライト級(-65kg)の次期挑戦者決定戦(3分3R無制限延長R)として、同級2位タップロン・ハーデスワークアウト(ハーデスワークアウトジム)vs同級6位・実方拓海(TSKjapan)の対戦が決定した。

 タップロンは日本で活躍するムエタイ選手。炸裂音が会場中に響く強烈な右ミドルキックとKO狙いの豪快なパンチを武器とし、”破壊獣”の異名を取る。元WMC世界フェザー級王者で、シュートボクシングでも活躍する。

強烈な左フックでウェルター級王者・ベイノアを沈めたタップロン=19年3月

 昨年3月にはウェルター級王者・ベイノアに初黒星をつけるも、スーパーライト級王者決定トーナメントで山田洸誓に敗れ、9月にはベイノアにリベンジを許してしまう。
 しかし、同年11月に開催された「岡山ZAIMAX MUAYTHAI 65kgトーナメント」で水落洋祐、マサ佐藤、小川翔を下して優勝、今年2月には鈴木真治からダウンを奪い完勝している。

 対する実方は、WMC日本スーパーライト級王者やLPNJスーパーライト級王者などの日本タイトルを4つ持つベルトコレクターで、ヒジ有りでの実績は折り紙付き。
 昨年6月のRISE初参戦では、EVOLのメインで川島史也を撃破。今年2月には杉本卓也を判定で下し、王座挑戦まであと一歩となった。

 ムエタイ本場・タイの破壊獣・タップロンと、ムエタイルールを得意とするテクニシャン・実方拓海。現王者・山田洸誓への挑戦権を得るのはどちらか。

 またミドル級(-70kg)の一戦(3分3R延長1R)として元J-NETWORKスーパーウェルター級&ミドル級王者・祐(フリー)が、ミドル級5位、ウェルター級2位と2階級に渡って活躍する中島将志(新潟誠道館)と対決する。

廣野が二階級ランカー・中島と対決

 廣野はJ-NETWORKミドル級、スーパーウェルター級の王座を獲得後にK-1、Krushを主戦場に活躍。17年12月に日菜太に敗れた後にはロシアのMMA団体『ACB』キックボクシング部門に参戦を果たす異色のキャリアを持つ。昨年9月『Road to ONE:CENTURY』で、初代ZSTウェルター級王者の内村洋二郎を2Rに左ストレートでKO勝利して以来、1年2ヵ月ぶりの試合となる。

K-1の”日本人キラー”ピケオーを苦しめた廣野のド根性ファイト

 対する中島はRISEでも珍しい複数階級でランキングに名を連ねる激闘派ファイター。昨年5月には元Krush王者・渡部太基を下したが、9月にはHidekiのフックに苦しめられ判定負け。再起戦となった12月の『Stand up』では、各地のリングを渡り歩く緒方惇と対戦。1R KO勝ちでメインを飾っている。

 廣野はSNSで「試合がなくとも、世界で勝つ為にずっと練習だけは続けてきた」と1年2ヶ月の進化を見せる。対して中島も「来年トーナメントが開催されるなら、ウェルターでもミドルでも自分が選ばれるような勝ち方で」と勝利を約束した。

<対戦発表カード>
▼スーパーライト級(-65kg)次期挑戦者決定戦 3分3R無制限延長R
タップロン・ハーデスワークアウト(ハーデスワークアウトジム/同級2位、元WMC世界フェザー級王者)
vs
実方拓海(TSKjapan/同級6位、WMC日本スーパーライト級王者、LPNJスーパーライト級王者)

▼ミドル級(-70kg) 3分3R延長1R
廣野 祐(フリー/元J-NETWORKスーパーウェルター級&ミドル級王者)
vs
中島将志(新潟誠道館/同級5位、ウェルター級2位)

☆11.14 RISE 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・タップロンがRISEウェルター王者ベイノアをKO

・魚井フルスイングがキック初参戦、“人獣”中村寛と強打者対決=11.1大阪

・タップロンがタフな小川翔からダウンを奪い、賞金トーナメント制覇

・廣野がKrush王者ピケオーを苦戦させる(ページ下部)

・“美しき女王”陣内まどか計量パス、聖愛は再計量へ=フライ級初代王座決定T

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧