TOP > 試合結果 一覧

【イノベーション】タップロンがトーナメント制覇、原口が森井にTKO勝利、小林愛三は女子新王者に

2019/11/17(日)UP

激戦を乗り越えたタップロン・小川の両者による決勝、ダウンを奪ったタップロンが勝利しトーナメントを制した

岡山ジム
『JAPAN KICKBOXING INNOVATION 認定 第6回岡山ジム主催興行』
2019年11月17日(日)岡山市総合文化体育館メインアリーナ

▼第18試合 セントラルグループ presents 岡山ZAIMAX MUAYTHAI 65kg賞金トーナメント 決勝戦 3分3回戦(延長1ラウンド)
◯タップロン・ハーデスワークアウト(タイ/ハーデスワークアウトジム/SB世界スーパーライト級4位、元WMC世界フェザー級王者)
判定3-0(29-27、29-27、28-27)
●小川 翔(OISHI GYM/WBCムエタイ日本ライト級王者、HOOST CUP 日本スーパーライト級王者、蹴拳ムエタイスーパーライト級王者、元REBELS-MUAYTHAIライト級王者、K-1甲子園2012王者)
※タップロンがトーナメント優勝

ダウンを奪われリードを許した小川(右)は猛烈に追撃するがタップロンが致命打を許さず

 初戦からヒジ有りのワンデートーナメントもいよいよ決勝戦。水落洋祐、マサ佐藤を破り決勝に進出したタップロンと、ジン・シジュンとの”事実上の決勝戦”を制し、山口裕人との激戦を乗り越えた小川により雌雄が決せられる。

 静かな立ち上がりを見せた両者だが、初回から早くも打ち合いの展開へ。ここまで2試合を乗り越えてきたとは思えないほどの激しい打ち合いは、タップロンが右フックを直撃させ小川からダウンを奪う。さらに立ち上がった小川に再度右を直撃させ2度目のダウンを奪取。3度目を奪われる前にゴングに救われる。

優勝賞金50万円を手にしたタップロンは「優勝したら嬉しいですね~!」と歓喜の声を上げた

 2Rに入るとタップロンがオーソドックスにスイッチ。一気に攻めるかと思われたが、タップロンは慎重な試合運びで強引に倒しにいかない。倒し返すしかない小川は3Rに入ると猛烈な追い上げを見せるが、タップロンは前蹴り、首相撲でしのぐ。単発のヒットはもらうもののタップロンが致命打を許さないまま試合終了。日本を代表する8名の強者が集まったトーナメントは、”破壊獣”タップロンの優勝で幕を閉じた。


本大会注目の一戦は原口(右)が森井を粉砕、衝撃的な新旧交代劇を見せつけた

▼第17試合 61.5kg契約 3分5回戦 肘打ちあり、首相撲無制限
●森井洋介(野良犬道場/元KNOCK OUTライト級王者、元全日本スーパーフェザー級王者、元WBCムエタイ日本フェザー級王者、元WPMF日本フェザー級王者、元Bigbangスーパーフェザー級王者)
TKO 3R 0分34秒 ※レフェリーストップ
◯原口健飛(FASCINATE FIGHT TEAM/Road to RIZINキックトーナメント優勝、元ACCELフェザー級王者)

 KING OF KNOCK OUTライト級王者となり、名実ともに平成キック界の顔となった森井。その森井に立ち向かうのは飛ぶ鳥を落とす勢いの超新星・原口健飛。国内エースの新旧対決とも目される一戦は、衝撃的な結末を迎えることとなった。

圧倒的な原口の攻撃力の前に森井は成す術無く崩れ落ちた

 1R、後ろに重心を残したまま放つ左ローでけん制する原口。左三日月蹴り、ハイキックでペースを握り、一撃必殺の威力を持つ森井のパンチを当てさせない。飛び込み左フックを見せる森井を首相撲でつかみこけさせるのも原口。自身初のヒジ有り・首相撲無制限ルールにも適応した姿を見せる。
 2Rに入るとさらにペースは原口に傾く。左ミドルで森井の脇腹を赤く染め上げ、左ハイキックで森井がバランスを崩したところに叩き込んだ右フックでダウンを奪取。立ち上がった森井へ、フィニッシュの瞬間が近いことを主張するかのように一方的なパンチの嵐で攻め立てる。
 3R開始直後、原口は右ハイキックからフックを返し森井から2度目のダウンを奪取。それでも立ち上がる森井だったが、さらに右ハイキックから連打を浴びせたところでレフェリーが森井を救い出すように試合をストップ。“平成キックボクシングの英雄”と称された森井を”令和キックボクシングの怪物”原口が粉砕し、衝撃的な新旧交代劇を見せつけた。

●編集部オススメ

・原口健飛、“Mr.KNOCK OUT”森井洋介に「尊敬を込めてノックアウトします」

・小林愛三が無事計量パス、女子ムエタイ世界2階級王者とタイトル戦

・リベンジ誓う水落洋祐「秘策はある」迎え撃つタップロンは「ヒジある私は強い」

・小川翔が「喰らったらヤバい」必殺技を用意、シジュン「フルパワーの100%で臨む」

・安本晴翔「大学卒業までに辞めてもいいかな」エンディングには那須川戦も見据える

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧