TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】格闘技ファンも増加、京口紘人のV3戦「世界に影響を与える」=11.3大阪&世界ライブ配信

2020/10/26(月)UP

京口紘人が好調ぶりアピール、日本外国特派員協会での会見で世界に影響を与えると意気込んだ

 10月26日(月)WBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(26=ワタナベ)が、東京・千代田区の日本外国特派員協会で記者会見を行った。
 11月3日(火)にインテックス大阪(大阪市)にて3度目の防衛戦をKO率8割を超えるタノンサック・シムシー(20=タイ/同級8位)を迎えて行う。

 主催のワタナベジムの渡辺均会長は「海外から選手を招聘し、有観客で行う世界タイトル戦としては世界初の試み。ボクシングの灯を消さないために」とし、同じく出席した大阪観光局の溝畑宏理事長は「11月3日は、これまでいろんなイベントが自粛、中止になっている中、大阪の御堂筋にイルミネーションの火が灯る大阪にとって記念すべき日。その2時間後に京口の試合が始まる。イルミネーションが大阪からボクシングの火を消さないという意味も兼ねている」と語った。

京口の世界戦は格闘技ファンからも注目が集まる。写真はYouTubeの企画で行った京口と朝倉未来のボクシングのスパーリングシーン

 試合まであと8日、京口は「順調に調整できている。あとは気を抜かずに体重に注意しながら調整したい。対戦相手は2週間隔離されたが、敬意を持って全力で戦う。コロナ禍での有観客の試合で注目されている意味のある試合。ベストな試合をして世界に良い影響を与えたい」と語った。 
 タノンサックは約1ヵ月前に来日し、すでに来日後の2週間のホテルでの隔離は終え、しっかり調整に入っているという。

 世界に影響を与えたいという京口、会場キャパの半数(約2,000)の客席は完売。放送は、YouTube京口紘人チャンネルにて5台のカメラと解説付きで全世界に生配信される。

左から会見に出席した大阪観光局の溝畑宏理事長、京口紘人、渡辺均会長

 これまで自身のYouTubeでボクシング以外でもRIZINの榊原社長や朝倉未来、K-1の安保瑠輝也ら有名格闘家たちともコラボし、チャンネルの登録者数は14万人を超え、ボクシング界のみならず格闘技界からも注目されている。強豪タノンサックに勝利し、格闘技界、そして世界にアピールしたいところだ。

♢選手情報
京口紘人(26=ワタナベ) 身長162cm リーチ163cm 右構え=プロ14戦14勝(9KO)無敗、KO率64.29%
タノンサック・シムシー(20=タイ) 身長161cm 右構え=プロ14戦14勝(12KO)無敗、KO率85.71%

●編集部オススメ

・京口紘人が無敗で高KO率のタイ人相手に世界V3戦、自身のYouTubeで生中継

・朝倉未来がWBA世界王者・京口紘人とボクシングスパー「速い、マジで、さすが世界王者」(動画あり)

・KO防衛の”辰吉の愛弟子”京口紘人をロマゴンが絶賛

・京口が集中打を浴びせ、TKOで初防衛成功

・【ボクシング】新王者・京口「得意な接近戦は空手時代の賜物」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧