TOP > ニュース 一覧

【レベルス】9戦無敗女王・ぱんちゃん璃奈が他団体王者に対戦要求「ベルトを持っている選手に勝てる」

2020/11/09(月)UP

MARIに完勝し初メインの大役を果たした女王ぱんちゃん璃奈

 11月8日(日)東京・後楽園ホールにて開催された『REBELS.67』の一夜明け会見が、9日(月)都内にて行われ、大会メインイベントで元ミネルヴァ・ピン級王者MARIに判定3-0で完勝したぱんちゃん璃奈(STRUGGLE/REBELS-BLACK 女子46kg級王者)が出席した。

「メインイベンターとしてふさわしくない試合をしてしまった」と試合後のマイクで語ったぱんちゃんは自身のパフォーマンスを振り返り「昨日の試合はダウンを狙っていた。それが出来なくて直後は悔しくて落ち込んだ。しかし、その後自分の試合映像を見て、良い動きが出来ていたので満足した」と笑顔。9戦目の中で一番フェイントが使え、無駄な攻撃がなくなっていたからだと満足げに語った。

前日の計量、ワンショルダーの水着姿で笑顔のぱんちゃん

 プロデビューから僅か9戦目にして初のメインイベンターの大役を任された重圧については「その前は2試合連続KOだったので、自分も(KO)を取らなければと意識はあった。(セミファイナルの安本晴翔がバックスピンキックで勝利したので)私もバックキックをやってみたが、かするだけで当たらなかった」と意外に心の余裕があったことを告白。

 王者として挑む初戦としては「フルマーク(勝利)なんですが、差をつけて勝たないといけないと思った。私は理想が高いのでダウンとか明確な差をつける選手になりたい。勝ってほっとしているが、全然満足していない。もっと自分は出来ると思っているので」とその先を見つめる。

 さらに「前回はMISAKI選手(8月の王座決定戦)、今回はMARI選手にしっかり勝ったことで、自分の実力の位置がはっきり示せた。ベルト持っている選手に勝てると思う。ミネルヴァの現王者とやっても自分は勝てると思っているので、闘いたい」とコメント。具体的には誰か?と振られると「体重が同じAyaka選手、百花選手、お願いしたい」と、自信の表情で宣戦布告した。

●編集部オススメ

・【レベルス】ぱんちゃん璃奈が初メインで完勝も「KOできなくて申し訳ない」、良太郎が北川“ハチマキ”をTKOで下す

・【レベルス】女王・ぱんちゃん璃奈が“美腹筋”で計量パス、初メインに「ダウンを取って期待に応えます」

・美女キックボクサーぱんちゃん璃奈、初グラビアに「鍛え上げた身体を見て」

・【KNOCK OUT】ぱんちゃん璃奈が計量クリア「やったんで!」と初のKO勝ちに意欲

・【レベルス】美貌で注目の ぱんちゃん璃奈、計量パスで意気込み「綺麗なムエタイスタイルを」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧