TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】田中恒成のスピードは驚異的!? 「井岡は大晦日に初めて味わうことになる」(田中陣営)

2020/11/10(火)UP

会見に挑んだ田中恒成

 世界3階級王者で現WBO同級1位の田中恒成(25=畑中)が10日、リモート会見を行い、12月31日に東京・大田区総合体育館にて4階級制覇王者で現WBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(31=Ambition)と対戦する意気込みを語った。

 田中恒成はワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と並ぶプロ最速タイの12戦で3階級制覇をしたスーパーホープ。これに勝てば井岡に次いで日本人男子では2人目の4階級制覇王者となる。

木村翔との激戦で顔を大きく腫らしながら勝利し3階級制覇した田中恒成

 昨日、井岡は会見で「格の違いをみせる。特に意識をしていた選手でもない。僕にとってはメリットのない試合」と田中を意に介さず、強気の姿勢だったことから、田中は今日どう発言するか注目されていた。

 田中は会見で「世代交代を目指します」と断言。さらに「倒す自信はある。スピードとパワー、スタミナは僕の方が上だと思う」と田中も強気だ。
 昨日のこの対戦発表後、SNSなどでは田中のパンチ力が上とのファンからの意見も見られたが田中のマネージャーは「パンチ力よりもスピードがダントツに上、井岡選手は初めて味わう次元になると思う」と語った。

スピードのある右ストレートをヒットさせTKO勝利する田中恒成=16年フェンテス破り2階級制覇

 田中は15勝(9KO)無敗でスピードとパワーに定評のあるアグレッシブファイターだが、それ故に攻めの途中で空いた顔面にパンチを受け、ダウンを喫したこともある。
 18年9月には王者・木村翔のフライ級タイトルに挑み、木村とバチバチの打ち合いを演じ、顔を腫らしながら2-0の判定で3階級制覇を達成している。その後、元2団体世界王者の田口良一を破るなどで3度の防衛をし、今年1月に4階級制覇を目指すべくフライ級王座を返上しスーパーフライ級に階級アップ。翌2月にWBOは田中をスーパーフライ級の1位にし、今回スーパーフライ級でのタイトルマッチとなった。
 果たして田中は階級を上げた初戦で勝利し、夢の4階級制覇達成となるか。

【選手DATA】
・井岡一翔(31=Ambition)
身長165cm/リーチ169cm/構え:右/戦績:25戦(14KO)2敗
獲得タイトル:元WBC、WBA世界ミニマム、元WBA世界ライトフライ、元WBA世界フライ、現WBO世界スーパーフライ級王者

・田中恒成(25=畑中)
身長164cm/リーチ161cm/構え:右/戦績:15勝(9KO)無敗
獲得タイトル:元WBO世界ミニマム級、ライトフライ、フライ級王者 、現世界スーパーフライ級1位

●編集部オススメ

・井岡一翔、田中恒成との大晦日V2戦に「メリット無い、格の違い見せる」

・田中恒成が4階級制覇を視野に階級アップ、井岡一翔戦も希望

・「ウチの比嘉と試合しろ」鶴太郎のモノマネに井上尚弥がミット打ち

・井上尚弥vsドネア戦のムービー風映像をWBSSが公開、次のシーズン3の開催にも期待の声(動画あり)

・井岡の表彰式で目立ちすぎのラウンドガールは、まさかのミスマガジン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧