TOP > ニュース 一覧

【ホーストカップ】大石駿介がマキ・チャーチャイを迎える、王者・匡志YAMATOが初防衛戦、洋輔と蛇鬼の王者対決も=12.27

2020/11/17(火)UP

大石駿介(左)とマキ・チャーチャイ

 12月27日(日)に愛知・名古屋国際会議場イベントホールで開催される『グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP(ホーストカップ) KINGS NAGOYA 8~ナゴヤチャンピオンカーニバル~』の追加対戦カードが発表された。

 ISKAムエタイ世界Sライト級王者・大石駿介(OISHI GYM)と元ルンピニースタジアムSバンタム級3位のマキ・チャーチャイ(真樹ジムAICHI)が63.5kg契約で対戦。

ハイキックをクリーンヒットさせる大石(2019年12月)

 大石はJ-NETWORK、MA日本キック、WMCと3つのタイトルを獲得後、2017年9月にステファン・キャンデルを判定で下しISKA世界王座を獲得。昨年12月には2度目の防衛に成功している。

 対するマキ・チャーチャイは、昨年12月の名古屋大会ではMASATOをワンキャッチ・ワンアタックルールにてワンサイドで破り、眼底骨折にまで追い込んでいるハードヒッターだ。

 本来、大石はISKA規定で1年の期限があるため王座防衛戦を予定していた。コロナ禍で海外選手を招聘できない中、日本人を含む挑戦者候補との対戦にて協議していたが、現役生活の残り少ない王者・大石の希望を尊重し、国内在住のISKA認定に準ずる選手との認定試合を行うことで半年の猶予の措置となった。
 今回のマキ・チャーチャイとのノンタイトル戦がISKA認定試合と査定され、大石の世界タイトル防衛戦の期限は21年6月末となる。

匡志YAMATO(左)と小原俊之

 また、ミドル級タイトルマッチで王者・匡志YAMATO(大和ジム)と小原俊之(キング・ムエ)の試合が決定。

 匡志は2018年にNJKFスーパーウェルター級王座を獲得、昨年12月にチューチャイ・ハーデスワークアウトジムを破りHOOST CUP日本EXミドル級タイトルを獲得し二冠を達成。今回が初の防衛戦となる。

 対する小原は、強豪日本人ムエタイ選手を多数輩出している名古屋の名門キング・ムエ所属で、強烈な左ミドルや、近距離でのヒジを得意とするファイター。今年10月の『REBELS.67』ではラウェイ王者・渡慶次幸平にヒジでカットを奪いTKO勝利を納めた。

 両者は5年前に『HOOST CUP KINGS NAGOYA』で対戦しており、小原が2-0で判定勝利している。

洋輔YAMATO(左)と蛇鬼将矢

 68kg契約では、NJKFウェルター級王者・洋輔YAMATO(大和ジム)とNKBウェルター級王者・蛇鬼将矢(NKBテツジム)が対戦決定。

 洋輔はホーストカップへの参戦経験が豊富なファイター。今年10月の大阪大会にて行われた「NJKFウェルター級王座決定戦」で勝利、ウェルター級王座を獲得した。

 対する蛇鬼も今年10月『NKB 2020 交戦シリーズvol.5』で開催された「NKBウェルター級王座決定トーナメント決勝戦」で優勝し、第15代王者に輝いている。

 両者ともベルトを獲得して波に乗る中での王者対決。洋輔はキック、蛇鬼はパンチとファイトスタイルも対照的な二人の一戦に期待が高まりそうだ。

≫この大会の詳細

<追加対戦カード>

▼ISKA認定試合 ISKAムエタイルール 63.5kg契約3分3R延長1R 
大石駿介(OISHI GYM/ISKAムエタイ世界Sライト級王者)
vs
マキ・チャーチャイ(真樹ジムAICHI/元ルンピニースタジアムSバンタム級3位)

▼HOOST CUP日本EXミドル級タイトルマッチ 3分3R(延長2R)
匡志YAMATO(大和ジム/NJKFウェルター級王者/王者) 
vs
小原俊之(キング・ムエ/J-NETEWORKミドル級3位)

▼68kg契約 EXルール3分3R(延長1R)
洋輔YAMATO(大和ジム/NJKFウェルター級王者)
vs
蛇鬼将矢(NKBテツジム/NKBウェルター級王者)

●編集部オススメ

・【ホーストカップ】“生ける伝説”マキ・ピンサヤームとイノベーション王者・久井淳平がライト級王座かけ再戦=12.27

・【ホーストカップ】大石駿介が大差の判定で王座防衛、元空手王者・内田雄大は初代新王者に(動画あり)

・【ホーストカップ】大石駿介がレイ・セフォーからの刺客に左ボディで圧巻KO

・【NJKF】☆SAHO☆、パンチとヒザの猛攻で日本トーナメント優勝「世界に通用する選手になる」

・元PRIDE“ロシア軍最強兵士”ハリトーノフが重傷、“メリケンサックでの殴打”と海外メディア報道

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧