TOP > 試合結果 一覧

【NJKF】☆SAHO☆、パンチとヒザの猛攻で日本トーナメント優勝「世界に通用する選手になる」

2020/11/15(日)UP

鋭いパンチで前進する☆SAHO☆(左)

ニュージャパンキックボクシング連盟
『NJKF 2020 4th』
2020年11月15日(日)東京・後楽園ホール

▼ダブルメインイベントII S1レディース バンタム級ジャパントーナメント決勝(ヒジあり) 2分5R
◯☆SAHO☆(闘神塾/ミネルヴァ スーパーバンタム級王者)
判定3-0 ※49-47、50-47、50-47
●YAYAウィラサクレック(WSR幕張/J-GIRLSスーパーフライ級王者)

ヒザ蹴りで攻める☆SAHO☆

 S1はタイの有力プロモーターであるワン・ソンチャイ氏が主催する、世界王座の認定もある大会。女子4選手による『S1レディース バンタム級ジャパントーナメント』としてNJKFのリングで開催された。女子トーナメントは世界初。そして女子試合が、NJKFの一番最後の”メイン”になるのも団体初だ。

 今年9月の1回戦で、☆SAHO☆は梅尾メイに2-0の判定勝利し、一方のYAYAウィラサクレックはKAEDEに延長の末2-1で判定勝利。☆SAHO☆は11戦10勝(1KO)1敗、YAYAは15戦13勝1敗1分と、両者とも抜群の勝率を誇る。トーナメントの優勝を勝ち取るのはどちらか。

パンチで猛攻を仕掛ける☆SAHO☆

 S1レディース バンタム級ジャパントーナメントルールにより、5分2R(ヒジ打ちあり)のルールでの対戦となる。

 1R、両者ともオーソドックス構え。☆SAHO☆はワンツーからの右ヒザで攻めると、YAYAは遠い距離からの右ストレートを放つ。首相撲の展開で、ボディにヒザ蹴りを突き刺す両者。☆SAHO☆は、組みついて右ヒジを見舞う。

 2R、YAYAは右ストレートで飛び込むが、☆SAHO☆はワンツーで押し返し、コーナーにYAYAを詰めてヒザ蹴りを何度も蹴る。終盤にはYAYAの右フックに、☆SAHO☆が右ローを2度放つ。3Rになると、☆SAHO☆は終盤に左右のフックを連続で放ち、右ヒザに繋げて優勢に。3Rが終わって、ジャッジ1名が29-29、2名が30-29で☆SAHO☆を支持する。

 4R、YAYAの前蹴りを蹴ると、☆SAHO☆が左ミドルをヒットさせる。☆SAHO☆が前進してワンツーを振るうと、YAYAは組んで左ヒザを連打。負けじと☆SAHO☆も、パンチで前に出て、左ヒザを突き上げる。

 5R、YAYAが声を上げながら前に出て左右のフックを振るい、右バックブローを放つが、☆SAHO☆が組んでの左ヒザ、さらにロープに押し込んでYAYAを削る。残り30秒、☆SAHO☆は右ヒザ、更にパンチを連打し、右ハイキックを放つなど猛攻を浴びせて終了のゴング。底力を見せた☆SAHO☆がトーナメント制覇を成し遂げた。

 勝利した☆SAHO☆は「NJKFの関係者の皆様、世界初のS1トーナメントを組んでいただきありがとうございました。(これまでの練習で)泣いて練習することが多くて、歯を食いしばって死に物狂いで練習してきて良かったです。(今後は)世界しか狙ってないので、皆さんの前で世界チャンピオンになれるように頑張ります」と感謝と今後の意気込みを話した。

 試合後、☆SAHO☆は「やり切った感じでいっぱいです。9月の試合は批判とか、周りから良かったという言葉が聞けなかったので、11月は見返してやろうと思って結果を残せたので胸がいっぱいです」とホっとした表情でコメント。

ベルトを巻いた☆SAHO☆

「今回は自分が前に圧をかけて、積極的に攻撃するのを意識して戦ってました」と1Rから果敢に攻める予定であったと明かした上で「世界に通用する選手になりたいです」と力強く語った。

 世界のムエタイと言えば、タイ人の圧倒的な首相撲のテクニックに対抗することが重要になる。「(ムエタイの)世界では首相撲が中心になります。それはまだまだです。(前回は)首相撲ができてないと思われていましたが、今回は首相撲でも負けてなかったと思うので、ここからもっと上げていきたいです」と更なる進化を誓った。

▶次ページは、誓vsEIJIのNJKFフライ級王座決定戦

●編集部オススメ

・☆SAHO☆とYAYAが女子T決勝で激突=11.15後楽園

・YETI欠場で女子T決勝がメイン昇格、女子によるメインは団体初=11.15

・【NJKF】世界初S1女子トーナメントの組合せ発表、参戦ファイターたちは☆SAHO☆とYAYAの首を狙う

・9戦無敗・YAYAが48歳・元ヤン魔由美を倒し戴冠

・【NJKF】大田拓真が防衛成功、弟・一航と永澤サムエルは新王者に、北野克樹が健太を破る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧