TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】朝倉未来と斎藤裕が計量パス「明日はやるぜ」(朝倉)

2020/11/20(金)UP

明日のRIZINでフェザー級王座を争う朝倉未来(左)と斎藤裕(右)が共に計量パス

 11月21日(土)大阪城ホールにて開催される『Yogibo presents RIZIN.25』の前日計量が11月20日(金)に行われ、出場全20選手が1回目で計量をパスした。

 明日のメインイベントでは『RIZINフェザー級タイトルマッチ』としてベルトをかけた大一番が行われる。

 出場する、朝倉未来(28=トライフォース赤坂)はリミットの66.0kgを65.75kgで、斎藤裕(33=パラエストラ小岩/第10代修斗世界フェザー級王者)は65.75kgで両者とも計量をパスした。

バキバキの腹筋で朝倉が計量をパス(C)RIZIN.FF

 朝倉は、RIZIN参戦後は7連勝と絶好調でRIZINを代表する選手の1人だ。YouTuberとしても活動し、様々な格闘家とコラボしているが、「(企画で)K-1の王者(安保瑠輝也や木村ミノルなど)、空手の世界王者(福地勇人)、ボクシング世界チャンピオン(京口紘人)らと彼らのルールでスパーリングをやってきたので、総合格闘技においての打撃のレベルが相当上がった。自信にもなった」と、YouTuberの活動が、格闘家としての自身の成長に繋がっている事をアピールしていた。

 計量を終えた朝倉は「計量クリアしました。明日はやるぜ」との意気込みを自身のSNSにコメントしている。

斉藤も計量をパスした(C)RIZIN.FF

 斎藤は第10代修斗世界フェザー級王者。主戦場の修斗では、宇野薫、リオン武、高谷裕之などの強豪を破っており、今年8月の『RIZIN.23』でRIZINへ初参戦し、Rebel FCフェザー級王者の摩嶋一整からTKO勝利を飾るなど、“朝倉未来の対戦相手に一番相応しい日本人選手”としてその実力を証明している。

 RIZINの初代フェザー級王者に輝くのはどちらか。後は明日のゴングを待つのみとなった。

※この大会の全試合順カード、チケット、スケジュールはこちら

<計量結果>
▼メインイベント(第10試合) フェザー級タイトルマッチRIZIN MMAルール:5分 3R(66.0kg)※肘あり
朝倉未来(トライフォース赤坂)→65.75kg
vs
斎藤 裕(パラエストラ小岩)→65.75kg

●編集部オススメ

・【RIZIN】全試合順決定、メインは朝倉未来vs斎藤裕の王座決定戦=11.21大阪

・【RIZIN】朝倉未来が初王座戦に余裕「相手じゃない」対する修斗世界王者の斎藤「チャンスは必ずある」

・【RIZIN】大会のテレビ放送・配信スケジュール=11.21大阪城ホール

・【RIZIN】朝倉未来vs修斗王者・斎藤は朝倉有利か、前田日明らが語る強さとは

・【RIZIN】テコンドー王者・江畑秀範が参戦、派手な足技でKO宣言=18年には菊野克紀にも勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧