TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】全試合順決定、メインは朝倉未来vs斎藤裕の王座決定戦=11.21大阪

2020/11/12(木)UP

『 RIZIN.25』の10カードとデモンストレーション1試合の全試合順

 11月21日(土)大阪城ホールにて開催される『Yogibo presents RIZIN.25』の10カードとデモンストレーション1試合の全試合順が発表された。

 メインは朝倉未来(28=トライフォース赤坂)と斎藤裕(33=パラエストラ小岩/第10代修斗世界フェザー級王者)の初代フェザー級世界王座決定戦となった。斎藤は相手では無いと必勝宣言する朝倉に「負けないところは根性と実績」と言う斎藤。この絶対的な自信の朝倉に斎藤がどれだけ攻め込み、また勝利をもぎとれるかがが見所となっている。果たしてRIZIN初代フェザー級世界王者は朝倉か斎藤か。

 セミファイナルには扇久保博正(33=パラエストラ松戸)が瀧澤謙太(25=フリー)と[RIZIN MMAルール 61.0kg]の一戦となった。
 扇久保は修斗世界フェザー級・フライ級の二階級制覇王者の実績を残すファイター。今年8月に朝倉海との王座決定戦に挑むも、朝倉のサッカーボールキックを被弾し1R TKO負け。今大会で朝倉への再挑戦に向けた第一歩となる再起戦に臨む。
 対する瀧澤は空手をバックボーンとし、パンクラスを主戦場に戦うストライカー。今年9月にはRIZINデビューを果たし、金太郎と対戦。2-1の判定勝利をもぎ取り、今大会出場の機会を得た。

 テコンドー全日本9連覇の江畑秀範(28)vsNJKF拳之会の期待の新鋭、佐野勇海(NJKF拳之会)は第4試合。江畑はテコンドー現役選手として五輪を目指しながらも、この大会に参戦する。今回の対戦ではテコンドーの足技を生かして派手なKOを見せたい」と堂々のKO宣言。197cmの長身からの豪快で華麗な足技が期待される。

メインは朝倉未来vs斎藤裕、このベルトはどちらに

 第3試合はRIZIN MMAルール 66kg契約で元ONE FC世界ライト級王者・朴光哲(43=KRAZY BEE)と白川陸斗(29=志道場)が対戦する。本来なら今年4月に朝倉未来と対戦が組まれていた朴。相手の白川はTHE OUTSIDERで経験を積み、朝倉未来と普段から練習をする選手。朴はこれに勝ち、朝倉戦につなげて行きたいところだ。

 また、新たに柔術デモンストレーションの開催が第6試合と第7試合の間に決定。今年8月に矢地祐介に勝利した柔術世界王者のホベルト・サトシ・ソウザ(31)とポーランドの総合格闘技イベント『KSW』で17年に王者となったクレベル・コイケとキッズ達による柔術デモンストレーションが追加されている。

※この大会の全試合順カード、チケット、スケジュールはこちら

●編集部オススメ

・修斗世界王者を背負う斎藤裕、朝倉未来に「負けないところは根性と実績」

・【RIZIN】朝倉未来vs修斗王者・斎藤は朝倉有利か、前田日明らが語る強さとは

・【RIZIN】テコンドー王者・江畑秀範が参戦、派手な足技でKO宣言=18年には菊野克紀にも勝利

・【ボクシング】マイク・タイソン、空気一変させロイジョーンズ戦へマジ度語る「死と隣り合わせだ」

・ヘビー級ボクサー藤本京太郎が引退、格闘技復帰でK-1かRIZINか

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧