TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】朝倉未来“挑発”の元K-1戦士・平本蓮「MMA選手は打撃が下手」大晦日へ気炎

2020/12/03(木)UP

2日のRIZIN会見で一触即発の空気を出したMMAデビュー戦を迎える元K-1戦士・平本

 12月31日(木)さいたまスーパーアリーナにて開催される『Yogibo presents RIZIN.26』。その第2弾カード発表会見が2日、都内で行われたが、その中で一番の“異彩”を放ったのが、平本蓮(21=K-RIVER・AXジム)だ。

 RIZIN2戦目となる元K-1ファイターの平本は今回の大晦日でMMAデビュー戦で萩原京平(24=SMOKER GYM)と対戦するが、会見で「オマエがボコボコにされるだけの試合だ。喧嘩自慢だか知らないが、やってきた歴史が違う。キックだろうがMMAだろうが変わらない。絞め落としてやる」と萩原に“口撃”し、一触即発の空気を作った。

平本は昨年12月29日大会、キックルールで出場し、今回対戦する萩原からKO勝利した芦田崇宏を1RTKOで下している。

 平本はその後、自身のYouTubeチャンネルで会見の感想を述べた映像を投稿。萩原がZST元王者の内村洋次郎をわずか22秒でKOした11月の試合を見たといい、萩原の打撃の印象を「全然大したことない。本当にレベルが違う」と一刀両断。

 さらに「総合とキックの打撃は違うという人はいるが、それは違う。だって総合の人の打撃ってヘタクソだから。違くて当たり前」と、K-1のトップ戦線で活躍してきた自分の打撃と、これから参戦するMMAで活躍する“ストライカー”とでは、格が違うとばかりに豪語した。

平本はK-1時代の18年、”最強”ゲーオ・ウィラサクレックと対戦し、日本人として初めてゲーオにKO勝利した。

 映像ではこのほか、平本が会見で、萩原とフェイス・トゥーフェイスした気持ちやこの試合に向けての戦い方などを語っており、動画の最後には、その日一番の戦いを見せた選手に贈られる「パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト」を獲ると発言。
 目標が“UFC王座戴冠”を公言する平本らしい言い方だ。自身のMMAデビュー戦でメインを含めた全ての試合の中で一番の注目を持っていくと強く意気込んだ。

 平本は今年4月、自身のYouTubeチャンネルでRIZINを牽引する朝倉未来の名前を出し『朝倉未来をぶん殴ってみた』の動画を投稿。朝倉の写真を貼り付けたサンドバックに、強烈な右ストレートを打ち込むといったような挑発をし、さらに、6月に配信されたRIZINの公式YouTubeチャンネル番組『榊原社長に呼び出されました』でも、戦いたい相手としてすぐに朝倉の名前を出しており、ネット上で両者の対戦を期待する声が多く上がっている。

 MMAデビュー前から話題を集める平本。大晦日の戦いで見せるのは、覚醒した世界トップストライカーの姿か、喧嘩好きなビッグマウスか。

▶︎次ページは、平本蓮「MMA選手は打撃が下手」と豪語、会見後の感想を述べる(平本の公式YouTubeチャンネルより)

●編集部オススメ

・【RIZIN】元K-1戦士・平本蓮、MMAデビューで対戦する喧嘩屋・萩原京平に「お前がボコボコにされるだけ、絞め落としてやる」

・【RIZIN】大晦日に浜崎朱加vs山本美憂のタイトル戦など、6カード追加決定「この5年間で最高のマッチメイク」(榊原代表)

・【RIZIN】朝倉未来、K-1出身・平本蓮の挑発にギャラ付き”YouTubeマッチ”提案

・【RIZIN】萩原京平、内村洋次郎を衝撃の22秒KO葬

・【K-1】平本蓮が日本人初、ゲーオをKOする大金星(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧