TOP > ニュース 一覧

メイウェザーが“炎上系”YouTuberローガン・ポールとの対戦決定、2月にMEGAと合わせて連戦へ

2020/12/07(月)UP

メイウェザー(19年4月の来日会見で)

 元ボクシング世界5階級制覇王者で50戦無敗のまま現役引退したフロイド・メイウェザー(43=米国)が、来年21年2月20日(現地時間)に世界的人気のYouTuberローガン・ポール(25=米国)とエキシビションマッチをすることが分かった。

 メイウェザーが7日(日本時間)に自身の公式インスタグラムに対戦の告知映像と共に「スーパーエキシビション 2021年2月20日!!!!(PPVの)特別先行販売を開始!!! 詳細はこのあとすぐ」のメッセージを投稿した。本イベント主催『FanmingBoxing』の公式サイトにはPPVの情報は大々的に告知されているものの、開催地やルールを含む試合形式などの詳細情報はまだない。

2月20日、メイウェザーvsポールが決定した(主催のFanmo Boxingより)

 ローガンは2000万人以上のフォロワーを持つ年収10億円以上を稼ぎ出す世界的ユーチューバー。過激な行為も多く、物議を醸すことも少なくない。2017年には、“自殺の名所”で有名な日本の青木ケ原の樹海で撮影を行い、男性の遺体にモザイクをかけてユーチューブに投稿し問題になった事がある。
 ボクシングの経歴については、過去2戦しかなく、2試合とも相手は同じ“YouTuberボクサー”のKSI。1度目の試合は2018年8月に行われ、「the biggest amateur boxing match in history(史上最大のアマチュアボクシングイベント)」と称されたが引き分けに終わり、2度目は2019年11月のリマッチ。この時に両者はプロライセンスを獲得しプロ試合として行い、KSIに判定負けしている。

 0勝1敗1分けと戦績は乏しいものの、この2戦目はDAZNなどで配信され、世界のDAZN視聴者数ではボクシング第3位の記録を出した。

 メイウェザーとローガン・ポールはこれまで舌戦を繰り広げており、対戦を迫るローガンは「(対戦の)契約書にサインをしないのは、自分の名前が書けないからだろう?」と挑発。これに対し、メイウェザーも対戦を受ける姿勢を見せていた。

那須川天心とエキシビションマッチを行ったメイウェザー(右)

 また、ローガンの弟のジェイク・ポールは先日、タイソンのエキシビションマッチで前座を務め、元NBAスター選手のネイト・ロビンソンをKOで下しその後UFCスター選手のコナー・マクレガーに挑戦状を叩きつけている。

 メイウェザーは来年228日に東京ドームでの開催が予定されている格闘技イベント『MEGA2021』の出場が決まっている為、今回の発表で2週連続で試合を行うことが決定した。

▶︎次ページは、メイウェザーvsYouTuberローガン・ポールの試合決定のPV映像

●編集部オススメ

・【ボクシング】メイウェザー、今度のエキシ相手は“お騒がせ”ユーチューバーか、年内開催を狙う

・メイウェザーが2.28東京ドーム戦へ語った全コメント=次は身体を作る、井上尚弥とやるなら研究する

・メイウェザーが2.28東京ドームに参戦決定=格闘技イベント「MEGA2021」

・【RIZIN】メイウェザーが那須川を初回TKO、3度ダウンを奪う

・【ボクシング】YouTuberジェイク・ポールが衝撃KO勝ち、元NBAロビンソンが前のめりに崩れる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧