TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】那須川天心の相手、ラジャダムナン1位クマンドーイの実力とは

2020/12/23(水)UP

那須川天心の相手はムエタイのトップ選手クマンドーイに決定した

 12月31日(木)さいたまスーパーアリーナにて開催される『RIZIN.26』の那須川天心(22=TARGET/Cygames)の相手が昨夜クマンドーイ・ペットジャルーンウィット(26=タイ)と発表された。

 日本に初お目見えのクマンドーイ。その実績を紹介したい。
 クマンドーイは現在ムエタイの2大殿堂ラジャダムナンスタジナムのバンタム級(-53.524 Kg)で1位にランクされる強豪。このランキングは今年2月に決定されたものであるが、その後、同級王者サオトーに3月に圧勝し、サオトーの11連勝目をストップ、8月の再戦でも勝利していることから王者の実力を十分に持つ。サオトーの王座には昨年10月に江幡睦(弟・塁は昨年大晦日に那須川と対戦)が挑戦したが、王者がドロー防衛している。

 このサオトーの双子の兄、サオエークは弟より1階級上のラジャダムナンスタジアムのスーパーバンタム級王者。昨年11月にWPMF世界スーパーバンタム級王者の小笠原瑛作を2RハイキックでKO勝利しているが、クマンドーイは今年11月にサオエークと対戦。

那須川は21日の会見でまだ相手は決まってないがKOが目標、長引かせるつもりはないと発言。

 ダウンを奪うも、4Rに肘によるカットでドクターストップ負け。クマンドーイ側は「ここでどうして止めるんだ」と抗議。勝利は目前だった。

 クマンドーイは9歳よりムエタイを始め、ここまでに150戦を経験し、2014年にオムノーイスタジアムでフライ級王座を獲得、2018年にはWBCムエタイ世界スーパーバンタム級王座を3-0(50-47)のフルマークの判定勝利で獲得している(現在は11位)。

 RIZINの発表では約2年前には那須川と激闘を繰り広げたロッタン・ジットムアンノンにもタイ・チャイヤプーム県で試合をし、判定勝利を収めているとある。ロッタンに勝利は公式記録では見つからなかったが、非公式の試合で勝利しているのかもしれない。いずれにしろ、クマンドーイの強さならロッタンに勝っていてもおかしくはないだろう。

 今回のルールはムエタイルールとは違う肘無し、首相撲なしのルール。これにクマンドーイはどれだけ対応できるか。
 那須川は今回のRIZINで今年4戦目。今年はRISEで2戦2KO、RIZINでは皇治と戦って圧勝の判定勝ちを収めている。那須川とクマンドーイの身長は165cmと同じ。

 RIZINの榊原代表は「クマンドーイは既に来日し、現在待機期間中です。 本気で天心の首を狙いに来ていますよ」とツイッターで発言。

 クマンドーイは主催者を通じ「日本で試合をして天心と試合したロッタン(・ジットムアンノン) みたいに有名になって、沢山ファイト マネーを稼ぎたいと思います!」と意気込む。果たして強すぎる那須川をどこまで追い詰めることができるか。

▶︎次のページはクマンドーイの衝撃KO動画(16年6月6日 ラジャダムナンスタジアム)

☆この試合のスケジュール、チケット対戦カードはこちら

●編集部オススメ

・【RIZIN】那須川天心、参戦決定にボクシング行き間近を示唆「蹴り使えるのはもう少し、大晦日は盛り上げる」

・那須川天心がムエタイ最強の敵ロッタンに大苦戦、延長戦で辛勝し号泣

・那須川天心が難敵スアキムにTKO勝利、胴回し回転蹴りが炸裂

・那須川天心が亀田興毅を圧倒、亀田は意地でダウン許さず(動画あり)

・【RIZIN】榊原代表が”フルスロットル”倒し合いに期待も、10kg差・五味の打撃に「皇治が吹っ飛ぶ」と心配

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧