TOP > ニュース 一覧

【RISE】2月大会に向けベイノアが「俺のRISE。俺がRISE」と怪気炎

2020/12/25(金)UP

ベイノアは「2021年のRISE全大会に何らかの形で関わる」と全大会出場宣言?

 12月25日(金)都内にて、キックボクシングイベントのRISEが会見を開き、2021年2月28日(日)神奈川・横浜アリーナにてCygames presents『RISE ELDORADO 2021』を開催すると発表。出場選手が登壇し、大会への意気込みを語った。

 この会見には第2代RISEウェルター級王者“ブラックパンサー”ベイノア(25=極真会館)が出席。出場が決定した2月大会への意気込みを語った。なお、本会見時点においては対戦相手は未定となっている。

デビュー当時に作ったという等身大ポスターとの決別を宣言、白鳥へ押しつけるベイノア

 ベイノアはまず、かねてより公言していた大晦日RIZINへの参戦に言及。「2月の防衛戦で大晦日にやりたいことがある、(10月に)横浜で勝った時も、俺が一番大晦日に出たいんだ、とマイクアピールをさせてもらったが、気づいたら枠がシバターの相手しか残ってないようです」と、ほぼ枠がゼロになっていると報告。その上で「シバターの相手の可能性があるので、今日から増量します」と、これまで続けてきた減量を切り上げると宣言した。

 改めて2月大会に触れると、現RISEミドル級王者イ・ソンヒョンとの対戦を希望。「世界の70kgには半端じゃない選手がいるので、(ソンヒョンから)ベルトを取ったら世界への切符が手に入ると思っている」と、2021年の飛躍に向け、ソンヒョンのベルトを奪い取る構えを見せた。

10月横浜大会でハイキックKOを見せたベイノア

 会見の途中で、この12月に行われた漫才コンテスト「M-1グランプリ」の総評を問われたベイノア。物議を醸した決勝について「ピンマイクの前に2人で立てばそれは漫才」という持論を展開しつつも「自分は1回戦で敗れたので、他人を評価する立場ではありません」としっかりオチをつけた。

 さらには決意表明として、デビュー当時に作ったという全身ポスターとの決別を宣言し、隣に座る白鳥大珠へ押しつけたベイノア。意気込みあり笑いありと暴れ放題の会見を展開したベイノアは、最後に「2021年はヤバイですよ」と、自身の大活躍を予告。年間大会全てになんらかの形で出場すると宣言し「俺のRISE。俺がRISE。俺の2021年。2021年は半端じゃない」と大風呂敷を広げ、会見場を騒然とさせた。

●編集部オススメ

・那須川天心vs志朗が決定、元プロ野球・相内誠が電撃デビュー=2.28横浜アリーナ

・元西武の相内誠が本気のキックデビュー「やるからには頂点」=2.28横浜

・【RISE】“女帝”寺山日葵、20歳初試合に「大人への仲間入り、最高のスタートを切りたい」

・【RIZIN】シバターが怒り、セコンドのラファエルが欠場「皇治のせいだ」

・那須川天心、雪辱を誓う志朗に「圧倒できるレベル、見せてないものを見せてやる」適正階級-55kgで出陣!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧