TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】朝倉未来「明日はやる」と気合十分、弥益もキレキレの身体で計量パス

2020/12/30(水)UP

激突する朝倉未来(左)と弥益(右)

 12月31日(木)にさいたまスーパーアリーナにて開催される『Yogibo presents RIZIN.26』の前日計量が、30日(水)午前10時より行われた。

 明日の[RIZIN MMAルール(68.0kg):5分3R ※肘あり]で対戦する、朝倉未来(28=トライフォース赤坂)はリミットの68kgをジャストで、対戦する弥益ドミネーター聡志(30=team SOS)は67.85kgで、両者とも計量をパスした。

圧倒的な勝利を目指す朝倉未来

 朝倉は、RIZIN参戦以来、7連勝負け無しの快進撃を続けていたが、先月11月の初代RIZINフェザー級王座決定戦で、修斗フェザー級王者・斎藤裕にRIZIN初黒星を喫し、王座を逃した。

 再起戦の相手となる弥益は、会社員との二足のわらじを履きながらプロMMAに参戦。極めの強さを武器とし、18年には第9代DEEPフェザー級王座を戴冠した。その芦田戦2試合を含め7連勝と絶好調だったが、今年9月に牛久絢太郎との接戦を落とし王座陥落。今回の大舞台で再起をかける。

 対戦が決まった際の会見で、弥益は「朝倉選手が復帰戦で絶対落とせない試合で、自分みたいな格闘技を習っているだけの会社員を選んだという、すばらしいリスクマネジメントの結果ここに座っています。できるだけ頑張りたいと思います」と皮肉も交えたコメント。

会社員とプロファイターを並行するドミネーター。見事な身体を作ってきた

 昨日のインタビューでも、これまでの皮肉なコメントも含め、「皆さんに『朝倉未来の対戦相手』から、弥益個人に目を向けさせる過程が出来たと思っています。番狂わせの空気も醸成出来たと思っています」と、朝倉撃破の条件が揃ったと語っていた。

 朝倉はこれまでの試合では、待ちのカウンタースタイルが多く、どのような状況でも冷静な試合運びをしていた。自身でも「冷静な部分が自信の強みだと思っていた」と語っていたが、その冷静さに爆発力と狂気的な面をミックスした”新しい朝倉未来”を見せると予告している。自身のSNSでは「計量クリア。明日はやる」と短く意気込んでいる。

 大学院卒の弥益と、少年院に入っていたこともある朝倉。異色の”院卒対決”の軍配はどちらに上がるのか。

▼第13試合 スペシャルワンマッチ
RIZIN MMAルール(68.0kg):5分3R ※肘あり
朝倉未来(トライフォース赤坂)→68.00kg
vs
弥益ドミネーター聡志(team SOS)→67.85kg

●編集部オススメ

・【RIZIN】朝倉未来、弥益ドミネーターの”喧嘩”発言に「歯や鼻が折れる、覚悟して」と粉砕宣言

・【RIZIN】大みそか大会のテレビ放送・配信・生中継スケジュール=12.31さいたまスーパーアリーナ

・【RIZIN】五味隆典は一発パスで「さすがプロだな」皇治は100gオーバー再計量パスで「後は思いっきり殴り合うだけ」

・【RIZIN】浅倉カンナ笑顔で計量パス、あいは鍛えられた上腕二頭筋をアピール

・【RIZIN】山本美憂が”46歳パーフェクトボディ”で計量パス、浜崎朱加と王座戦へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧