TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】朝倉未来が“堀口カーフキック”を語る、弟の完敗と認めるも「攻略方法を思いついた」

2021/01/07(木)UP

朝倉未来が、堀口のカーフキックの見解を語る

 12月31日(木)にさいたまスーパーアリーナにて開催された『Yogibo presents RIZIN.26』のメインイベントで行われたRIZINバンタム級タイトルマッチ。挑戦者の堀口恭司が王者・朝倉海(以下、海)をKOで下し、王座奪還に成功した。

 試合は、堀口が右のカーフキックを複数ヒット。足のダメージを受けた海に堀口が右フックでダウンを奪い、パウンドの追撃でKO勝利した。

 海のセコンドについた兄の浅倉未来(以下、未来)が1月6日、自身の公式YouTubeチャンネルで、その堀口のカーフキックについて自身の見解を述べた。

堀口(左)のカーフキックが朝倉海(左)にヒット

 未来は開口一番「すごいですね、堀口選手の戦法も。結構、(海の)研究を重ねたんだろうね」と堀口陣営の戦略を称賛。堀口の戦略の中に、ボクシング構えの海に対しローキックで崩しにかかることは想像していたが、“カーフキックの多用”は想定外だったという。

 海の“参謀”として堀口対策を練った未来だったが、自身が左構えでなので、右構え同士の中での飛び込んでの右カーフキックは意識の範囲外にあり、また、俊敏なステップワークを得意とする海にカーフキックを当てるのは難しく、逆に海のカウンターの餌食になるからと、想定外だった理由を語った。

 また、堀口が完全にガードを固めながら勢いよく飛び込んでカーフキックを放つのに対し、海も右ストレートで合わせていくため、海がより前傾姿勢になり、その相乗効果で堀口のカーフキックの威力が増し、大きなダメージを負わされてしまったと分析した。

堀口(左)のカーフキックに右ストレートを合わせる朝倉海(右)

 未来は今回の試合は海の“完敗”だった前置きしながら「動画を見返したが、紙一重だった。海が狙っていたアッパーなんかも、当たったら倒れていたかもしれない。レベルの高い攻防はあった」と話し「1勝1敗なので、カーフキックを攻略できたのならもう一回みたい対戦」と、現在1勝1敗の両者の第3戦の実現に期待をする。

 第3戦で海が堀口に雪辱を果たすには、このカーフキックをなんとかしなければいけない。その点について、未来は「カーフキックの攻略方法を思いついた。頭の中で攻略したので、それを実践できるのか一回試してみようかなと。明日くらいに練習で。これができたら、逆にカーフキックを打った側が痛いのではないかなと技」と、いつも未来らしい自信満々な様子。

 後ろ重心のスタンスや、狙われた足を大きく後ろに流すなど、様々なカーフキック対策があるが、ボクシング能力の高く前傾姿勢の海が、どの様な“返し技”で堀口のカーフキックを凌ぐのか、注目される。

▶︎次ページ(動画あり)は、朝倉未来が堀口のカーフキックの見解を語る(朝倉未来 公式YouTubeチャンネル)

●編集部オススメ

・堀口恭司、朝倉海を1R KOで王座奪還「やっと取り戻した」(動画あり)

・堀口恭司、朝倉海を沈めたカーフキックは「プラン通り」ベラトール王座も奪還へ

・【RIZIN】榊原CEOが大晦日は“神興行”と驚喜、五味は皇治に「体を大事にして」と助言(動画あり)

・井岡一翔がタトゥーを入れた理由、日本の考えに疑問も(動画あり)

・(本日1.7よる)堀口恭司が大晦日決戦を語るオンライントークLIVE開催

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧