TOP > ニュース 一覧

【DEEP】”最強の高校生”鶴屋がプロデビュー戦、朝倉未来チャレンジ3人も参戦決定

2021/01/09(土)UP

18歳・鶴屋がプロデビュー、KRAZY BEEの竜己と対戦する

 2月21日(日)東京・TDCホールで開催される『DEEP 100 IMPACT ~20th Anniversary~』の、オープニングファイト3試合の対戦カードが発表された。

 総合格闘技ジム『パラエストラ千葉ネットワーク』代表・鶴屋浩氏の息子である鶴屋怜(18=パラエストラ柏)がプロデビューを果たす。

『パラエストラ千葉ネットワーク』はパラエストラ柏道場、松戸道場、千葉道場の総称で、修斗世界フライ級王者・扇久保博正、浅倉カンナ、元ONE世界ストロー級王者・内藤のび太らが所属する名門ジム。

修斗のジュニアファイトで腕十字を仕掛ける鶴屋(右)=17年1月

 そんな最高の環境で育った鶴屋は、レスリングで小学4年、6年全国優勝、高校2年ジュニアオリンピック2位、世界大会出場、高校3年全国2位、高校1、2、3年団体戦全国優勝。柔術では小学4年アブダビコンバット世界優勝、全国6回優勝という輝かしい経歴を持つ。
 また、アマチュアMMAでは6戦6勝の戦績を残している。

 その鶴屋について、パラエストラ千葉に所属する修斗世界バンタム級王者・岡田遼は自身のツイッターで「日本一強い高校生だろうと思います」と投稿するほどで、最強の高校生としてデビュー戦から注目が集まりそうだ。

朝倉未来チャレンジの3人、左から畠山祐輔、ヒロヤ、西谷大成

 対戦相手は竜己(たつき/24=KRAZY BEE)。アマチュアで7勝(2KO)2敗の戦績で2018年4月にパンクラスでプロデビュー。プロ戦績は4勝(2KO)2敗。空手のように遠い間合いから速い飛び込みで突き、蹴りを放ち、フィニッシュの全てがKOというストライカーだ。昨年11月、DEEPに初参戦しサイモン・シェに判定勝利を収めている。最強の高校生グラップラーは果たしてプロ6戦のストライカー竜己にプロデビュー戦でどう戦うのか期待される。

 また『朝倉未来1年チャレンジ』から、既に今大会でムエタイ3冠王・雅駿介との対戦が発表されているヒロヤ(22=トライフォース赤坂)に加え、畠山祐輔(23=トライフォース赤坂)と西谷大成(24=トライフォース赤坂)の出場も発表された。

 畠山の相手は昨年12月デビュー戦で1R TKO勝利した山本歩夢(パラエストラ柏)、西谷の相手は昨年のパンクラス「ネオブラッド・トーナメント」で決勝進出した井上雄斗(21=パラエストラ加古川)に決定。

 前回大会では3人全敗となってしまったが、セコンドに就いていた朝倉未来は「挑戦するような相手を選んでいるので、経験になるいい負けだったんじゃないかな」と試合後に語った。その経験を活かし、今度こそ3人揃って勝利を飾ることはできるか。

<決定対戦カード>

▼オープニングファイト DEEPフェザー級 5分2R
畠山祐輔(トライフォース赤坂)
vs
山本歩夢(パラエストラ柏)

▼オープニングファイト DEEPフェザー級 5分2R
西谷大成(トライフォース赤坂)
vs
井上雄斗(パラエストラ加古川)

▼オープニングファイト DEEPフライ級5分2R
鶴屋レイ(パラエストラ柏)
vs
岡野竜己(KRAZY BEE)

※オープニングファイトは開場中に開催

●編集部オススメ

・朝倉未来が『朝倉未来1年チャレンジ』を総括「経験になるいい負けだった」=12.19

・【DEEP】『朝倉未来1年チャレンジ』3選手全敗も2021年に意欲「格闘技で生きていく」(畠山)

・【RIZIN】朝倉未来が“堀口カーフキック”を語る、弟の完敗と認めるも「攻略方法を思いついた」

・元谷友貴vs昇侍、ムエタイ3冠の雅駿介のMMAデビュー戦など4カード追加=2.21 TDCホール

・KINGレイナがOLに「デスクワークで困惑しながら人生初社会人してます」復帰も示唆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧