TOP > ニュース 一覧

【RISE】小林愛理奈、奥脇奈々が共に計量パス、口を揃えて「バチバチに打ち合う」と打撃戦予告=前日計量

2021/01/16(土)UP

小林が一発計量パスでガッツポーズ

 1月17日(日)東京・新宿FACEで開催される『RISE GIRLS POWER.4』の前日計量が16日都内にて行われた。

 第1試合アトム級(-46kg)NEXT QUEENトーナメント2021準決勝① 3分3R 延長1Rに出場する小林愛理奈(20=FASCINATE FIGHT TEAM)、奥脇奈々(23=エイワスポーツジム)が計量に臨み、小林が45.55kg、奥脇が45.45kgでともにリミットの46kgをパスした。

初参戦の奥脇が計量パス、兄や同門選手に続く活躍を誓う

 この「NEXT QUEENトーナメント2021」は、優勝者に紅絹が保持するアトム級タイトルへの挑戦者決定戦への出場権が与えられ、後日に他のトップ選手とのワンマッチで挑戦権を争うもの。計量当日に4選手による抽選で組み合わせが決定された。

 第1試合への出場が決まった小林は昨年10月、宮﨑小雪に敗北した試合を振り返り「前はちょっと技術が足りなくて、勢いとパワーだけで負けました。足りないところを練習し、やることはやってきたので良いところを見せられると思う」と自身の成長に自信ありの様子。

計量後の抽選で小林vs奥脇の1回戦が決定

 キャリア初のワンデートーナメントに向けては「空手だと1日5試合とかあるけど、空手とダメージの消え方も違う。対策はしていませんが、後のことを考えても面白い試合にはならないので、1試合目から飛ばしていこうと思います」と、先々は考えずにフルスロットルで臨む構えを見せた。

 対する奥脇はRISE初参戦。「(RISEは)兄(奥脇一哉)、水落(洋祐)さん、竹内(将生)さんも出ている憧れの舞台。ビッグチャンスをつかめたので、受け身に入らず1回戦から倒しに行きたい」と同じエイワスポーツジム所属の選手に続く構え。ワンデートーナメントに対しても「守りに入らず、1回戦から上げていく。対策は走って体力をつけました」と、こちらもスタートからアクセル全開の構えだ。

アグレッシブなファイターである両者は口を揃えて「バチバチの打ち合い」を宣言

 両者ともお互いの試合を見た感想を「自分と似ている」「根性で殴りに来るタイプ」とコメント。アグレッシブで似たスタイルと分析し、口を揃えて「バチバチ打ち合いたい」と語り、かみ合う打撃戦を期待させた。

 なお、もう1試合の準決勝は宮﨑小雪(17=TRY HARD GYM)対佐藤レイナ(21=team AKATSUKI)の組み合わせに決定している。

<計量結果>
▼第1試合 アトム級(-46kg)NEXT QUEENトーナメント2021準決勝①  3分3R 延長1R
小林愛理奈(FASCINATE FIGHT TEAM/第38回全日本空手道選手権大会2019軽量級優勝) →45.55kg
vs
奥脇奈々(エイワスポーツジム) →45.45kg

1.17 RISE GIRLS POWER.4 イベント概要・対戦カードはこちら

●編集部オススメ

・若手女子4名によるトーナメント開催、優勝者は王者・紅絹の挑戦権決定戦へ進出

・17歳JKファイター・宮﨑小雪が計量パス、小林愛理奈に「喧嘩売られてムカッときた」

・ガタイが良くなったAyakaが計量パス、打倒・紅絹に自信“1発で倒す攻撃出す”

・8頭身JKファイター・AKARIが計量パス「年内最後、気持よく終わり来年ベルト獲る」

・T優勝候補の宮崎小雪、他の3人に「どいつも微妙、正直私の相手ではない」=2.17

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧