TOP > ニュース 一覧

【RISE】8頭身JKファイター・AKARIが計量パス「年内最後、気持よく終わり来年ベルト獲る」

2020/12/17(木)UP

4勝無敗のAKARIが、強豪シュートボクサーとの5戦目

 12月18日(金)東京・後楽園ホールにて開催する『RISE 144』の前日計量が、17日(木)都内にて行われた。

 第2試合 ミニフライ級(-49kg/3分3R)で対戦する、シュートボクシング日本女子ミニマム級4位・ユリカ・グラップリングシュートボクサーズジム(28=グラップリングシュートボクサーズ)は47.25kgで1.5kg以上の余裕を残しクリア。
 対する4戦無敗のJKファイター・AKARI(17=TARGET)は、49.05kgと僅かに50gオーバーも、約1時間後の再計量では、48.95kgでクリアした。

”8等身”から繰り出される攻撃をテクニシャン・ユリカ(右)はどうさばくか

 AKARIは、第2代RISE QUEENの神村エリカの愛弟子であり、“8頭身”の長い手足を利した攻撃を得意とする。前戦ではキャリアで大きく上回る後藤まきと対戦し、得意な蹴りよりもパンチを多く使い判定勝ちとなった。デビュー以来4戦無敗だ。

 イーファイトの取材によると、”50g”の計量失敗は「家を出る前300gオーバーで、来るまでに落ちるかなと思っていた。50gとか、一番恥ずかしいやつ」と笑うAKARI。本計量前にピョンピョン跳ねていたのは、50gを落とすためだったらしい。再計量は、ガムなどを噛んでツバで体重を減らしたと言う。

再計量成功しホッとするAKARI

 相手のユリカの印象をAKARIは「駆け引きの出来る選手」と評価し、今回の試合は「自分も駆け引きして、相手が詰めてきたら自分がいなして、自分が行けるタイミングで、行く時は行く」と、相手の見極めと自分ペースでの試合運びがテーマだと言う。

 さらに「相手がまだ全然元気なのに、自分が出ちゃったらぶつかってしまう。馬力負けする可能性もあるから」と慎重だが「バトルロープ(トレーニング)をめちゃやった。自分の腕や脚に期待します」とフィジカルにも自信を持つ。

 4戦無敗だが「勝ちという勝ちがまだ無い。17歳一発目の試合だし、年内最後だし気持よく終わりたい」と自分が納得できる勝利を目指す。

「(寺山)日葵ちゃんにプレッシャーを与えるような試合をしたい。来年にはベルトを獲るつもりですし。それと、エリカ先生にもAKARIもここまで出来ると見せたい」と2人のRISE QUEENに追いつき追い越すため、今回の試合も負けられない。

●編集部オススメ

・無敗の8頭身ファイター・AKARI、紅絹やMIOとも激闘したSBの刺客・ユリカと対決

・“8頭身JKファイター”AKARI、美腹筋見せ計量パス

・AKARIが後藤まきの執拗な顔面パンチくぐり抜け、4連勝達成

・女王・寺山日葵“憧れの存在”RENAと「おこがましいけど、話があれば対戦してみたい」

・神村エリカ二世”AKARI、目指すは「高校生のうちにチャンピオン」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧