TOP > ニュース 一覧

【NO KICK NO LIFE】メインは石井一成vs麗也、森井洋介はまたもトップバッター=2.24試合順

2021/02/10(水)UP

強打者たち(左から宮元、石井、森井、緑川)たちが揃った 今大会

 2月24日(水)東京・TSUTAYA O-EASTにて開催される小野寺力プロデュース『NO KICK NO LIFE 新章-雲外蒼天-』の試合順が決定した。全6試合で行われる。 

 メインは石井一成(ウォーワンチャイ・プロモーション)vs元ISKAインターコンチネンタルフライ級王者・麗也(治政館)の53kg戦。
 
 国内軽量級トップの一角を担い、NO KICK NO LIFEエースを自認する石井に対し、ケガからの復帰を決意するも昨年9月のRISEでTEPPEN GYM新鋭にTKO負けした元新日本王者・麗也。麗也は今回ヒジ有りの舞台で、大物相手に完全復活を見せることが出来るか。

強豪タイ人をパンチで攻める石井一成

 セミは5本のベルト経験を持つ宮元啓介(橋本道場)と、9連勝中の加藤有吾(RIKIX)との56kg戦。

 国内55kg戦線のトップに君臨してきたベテランの宮元が、RIKIXのホープで、元ラジャダムナンスタジアム王者・石井宏樹の弟子・加藤と激突する。若き加藤は、キャリア、強打、テクニックを兼ね備えた宮元を超え、55kgのトップ戦線に並び立つことが出来るか。

 第三試合は緑川創(RIKIX)vs高木覚清(岡山ジム)のベテラン強豪vs新鋭戦。
 第二試合はINNOVATIONフライ級王者・花岡竜(橋本道場)vsWMC日本フライ級王者・吉成士門(PK・センチャイジム)の「スーパー高校生」対決だ。

昨年10月に約1年振りの復帰を果たした森井の左フック

 第一試合は初代KNOCK OUTライト級王者・森井洋介(野良犬道場)vsWBC日本&ジャパンキックのライト級二冠王・永澤サムエル聖光(ビクトリー)の62kg戦。森井は昨年10月大会に続き、またもトップバッターを務める。
 興行の第一試合目は、主催者から熱戦で会場を湧かせるべく期待されることも多い。森井と永澤の激闘やKO決着も期待出来そうだ。

 また緊急事態宣言延長による情勢を鑑みて、開場時間が変更される。開場18:00、開始19:00の予定が、開場17:30、開始18:15に変更された。

☆この大会のイベント情報はこちら

●編集部オススメ

・初代KNOCK OUT王者・森井洋介が連続参戦、二冠王・永澤サムエル聖光と強打者対決=2.24 NO KICK NO LIFE

・【NO KICK NO LIFE】”SNSのフェチ天使”、”Iカップグラドル”らラウンドガール5名が決定=2.24

・石井一成がヒジ打ちで圧巻KO勝利、福田海斗が本場ムエタイの実力示す、小林愛三は判定勝利=前回大会

・大貫彩香、鈴木ふみ奈、松嶋えいみ、まいてぃの豪華メンバーがラウンドガールに決定=10.29 NO KICK NO LIFE(写真10枚)

・【ボクシング】内山高志の強烈パンチでトレーナーの手が痙攣、バチバチのスパーで復帰へ好調ぶり=2.11「LEGEND」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧