TOP > ニュース 一覧

【LEGEND】武居由樹、元王者・木村翔戦に意気込み「ただのデビュー前の6回戦ボクサーじゃない。暴れたい」=2.11代々木

2021/02/10(水)UP

『LEGEND』で対戦する元K-1王者・武居(左)と元WBO世界王者・木村

 チャリティーボクシングイベント『LEGEND』(代々木第一体育館)がいよいよ明日、11日に開催される。生中継するABEMAが元K-1王者・武居由樹と対する元WBOフライ級王者・木村翔を取材、昨夜9日にABEMA公式YouTubeで公開された。

 出場選手は「エキシビションマッチ」形式で、現役スター選手だけでなくレジェンドファイターも参加。3分3Rで、勝敗のつかないスパーリングの形式に則ったものとしながら、出場選手はガチで行くと本気モードだ。

K-1のリングで、強烈な右ストレートを相手の顔面にめり込ませる武居

 会見では「僕だけK-1ルールになったみたいで」と笑わせた木村だが、今回の動画でも「カーフキック覚えておこうかな」と笑う。武居にもABEMAのカメラクルーがその事に触れると「(カーフキック)やっていいならやりますよ」と言うと、トレーナーの八重樫は即「ダメだよ」と突っ込むと「はい、すいません」と頭を下げた。

 どんな試合になるかについては木村は「元K-1チャンピオンですよね。僕はあまりK-1見ないからわかんないですけど、やるからにはガチンコでやりたい」
対する武居は「(木村は)ガツガツ前に出る気持ちの強い選手、僕もK-1王者だったので、ただのデビュー前の6回戦ボクサーじゃないということを見えせたいと思います。暴れたいと思います」と意気込んだ。

 動画では八重樫トレーナーの指導のもと、武居がミット打ちするシーンやインタビューが収められている。

顔から流血しながらも王者ゾウ・シミンをKOする木村翔

 武居は高校時代ボクシング部を経てキックに転向。17年にK-1 WGP第2代スーパー・バンタム級(-55kg)王者となり19年6月にはK-1 WORLD GP K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメントで全3試合をKO勝利し優勝、高いKO率を持つ。

 木村は酒屋の配達をしながら世界王者になったハングリーな激闘ファイターだ。2018年には田中恒成(畑中)を相手に3度目の防衛戦を行い、判定負けで王座から陥落したが、その激戦ぶりから18年の年間最優秀試合に選ばれた。

 なお、階級は木村がフライ級(50.8kg)で武居は3月デビュー戦は54.5キロ契約で試合が決定しており、階級は武居が上だが元ボクシング王者の木村が元K-1王者の武居に洗礼を浴びせるのか、また、武居が下剋上の攻めを見せることができるかに期待されている。

▶次ページは(動画)武居が八重樫のミットに放つパンチ、木村翔&武居の意気込み

●編集部オススメ

・元K-1王者・武居由樹vs元WBO世界王者・木村翔が激突「元K-1王者がどこまで出来るか」(武居)=2.11 LEGEND

・激闘の元王者・木村翔、対戦する武居由樹に「K-1王者がどこまで強いか興味がある」=2.11 LEGEND

・【TV・配信】井上尚弥、内山高志ら参戦『LEGEND』生中継、配信、放送情報=2.11

・【LEGEND】井上尚弥、比嘉大吾との対戦に「しっかりとガチでやる」=いよいよ明日11日開催

・【LEGEND】内山高志の強烈パンチでトレーナーの手が痙攣、バチバチのスパーで復帰へ好調ぶり

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧