TOP > ニュース 一覧

【Road to ONE】“名伯楽”大沢ケンジ推薦の“柔術フィニッシャー”風間敏臣「最後の1秒まで勝ちにいく」=2.22

2021/02/21(日)UP

ONEのグローブでファイティングポーズを取る風間。世界の舞台に上がる日はいつになるか。

 2月22日(月)に東京・渋谷TSUTAYA O-EASTにて開催される『Road to ONE:4th Young Guns』。

 本大会はONEチャンピオンシップの冠を戴く『Road to ONE』の第4回大会。長引くコロナ禍で若手格闘家の戦う舞台が減っている現状に一石を投じる試みで「Young Guns(若きエリート、やり手。経験者たちと張り合える若き才能)」と題し、将来有望な若手選手を中心にマッチメイクを組んでいる。

 画期的なコンセプトに合わせ、21歳でONE新世代エース・平田樹がメインイベンターに大抜擢されるなど話題を集めるRoad to ONEの「Young Guns」だが、総合格闘技(MMA)バンタム級マッチで前田浩平(25=GRABAKA)と対戦する風間敏臣(23=和術慧舟會HEARTS)に注目が集まっている。

“名伯楽”大沢ケンジ代表(左)並ぶ風間(右)

 幼少の頃から柔道を続けてきた風間は高校3年生の時にブラジリアン柔術を始め、19年の第20回全日本ブラジリアン柔術選手権のアダルト紫帯オープンクラス準優勝。そこから総合格闘技に転向し、昨年にパンクラスでプロデビュー。デビュー戦は判定で敗れたものの、以降は、2試合共にフィニッシュ勝利を収め、勢いに乗っている。

 いつでも試合が出来るよう常に戦う準備をしてきたと話す風間は「MMAのキャリアはまだ浅いから、その自分に今回のオファーが来たのは本当に嬉しかったです。だからこそ、しっかりと自分の戦いを見せて勝ちたい」とオファーが来た以上、それに応えると語る。

山本アーセン(左)とのツーショット写真。17年のアブダビグランドスラム東京で風間は山本アーセンに三角腕十字で一本勝ちし、優勝した(風間の公式SNSより)

 そして自身の選手としての強みを尋ねると「自分の強さは技術的には組み。いつもフィニッシュを狙う気持ちで練習も試合もやっている。もっと言うと、そのメンタルが自分の強みかもしれません。試合中はセコンドの声なんかも聞こえるし、冷静に戦える面が自分にはあります」とコメント。

「具体的な得意技は?」とさらに深く尋ねると「結果的には腕十字ですね。今回の試合もしっかりとフィニッシュして、勝ちたいです」と、落ち着いた様子で語る。

 対戦相手の前田選手は18年のABEMA人気番組『格闘代理戦争』に出演し、プロ戦績3勝2敗の成績を残している同じく期待の新鋭。

 前田選手の印象を尋ねると「映像で研究しました。シンプルに強いと思います。格闘代理戦争に出ていて名前もあるし、彼が強い事は知られている。なので、自分にとっては、オイシイ相手です。そんな相手に自分が勝てば、自分の名前を上げるチャンスですから。見ている人でも分かる、圧倒的な強さを見せて勝ちます」と、強く意気込んだ。

 将来について質問すると「年内はしっかりと実力をつけます。来年はランカーと対戦し結果を出す。そして、2、3年後には世界に出たいですね。将来的にはONEとかを見据えてやりたい」と、飄々としながらも、その視線の先は世界に向けられている。

そんな風間を“ダイヤの原石”として育てているのが風間が所属するジム『和術慧舟會HEARTS』の大沢ケンジ代表だ。

 大沢代表に風間について尋ねると「柔術でちゃんと実績を残している選手ですね。そして、他の選手と比べると、フィニッシュしようとする気持ちが本当に強い。これまで出会った選手の中で群を抜いていますね。自分に集中しすぎる不器用なところはありますが、フィニッシュへのこだわりから、“判定でもいいや”的な小さくまとまる行動はしないですね。本当に楽しみな選手ですよ」と話し、さらに、先程の風間の将来の展望の話をすると「全然イケると思いますよ。3年以内にメジャー系の団体を狙わせたい」と、大きな期待を寄せる。

 派手な言葉で自分を飾らず、淡々とした口調で取材に受け答える風間が、唯一熱っぽく語った話はジムの先輩で元ONEストロー級世界王者の猿田洋祐についてだ。猿田と一緒に練習する機会が多くあった風間は、昨年9月の『Road to ONE』で内藤のび太との激戦を制した猿田のセコンドに付き「バックステージにいる時からずっと鳥肌が止まらなかった」と言うくらいに心を震わされたという。

 そんな猿田の背中を追いかける風間は今回の試合について改めて「自分の中で最後の1秒まであきらめない。最後の最後まで勝ちにいく姿を見せたい」とその決意を語った。

“名伯楽”大沢代表が推薦する期待の新鋭が、注目集まる本大会で、果たしてどの様な試合を見せてくれるだろうか。

●編集部オススメ

・【TV・配信】平田樹vs中村未来がメイン『Road to ONE:4th Young Guns』配信、生中継情報=2.22夕

・【Road to ONE】メイン大抜擢の21歳・平田樹が“負けない”宣言、女子アトム級GP優勝に野心見せる=2.22

・【Road to ONE】“反骨の格闘魂”は開花するか、OWS参戦選手の吉野光「圧倒的な戦いを見せる」=2.22

・【Road to ONE】那須川天心を追う無敗の19歳“恋ステ”有井渚海がKO宣言「キック打撃の凄さを見せたい」

・【Road to ONE】”Gカップ”&”尻美人”がラウンドガールに決定!(写真10枚)=2.22

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧