TOP > ニュース 一覧

【Road to ONE】メインの平田樹、TKO勝ちするも猛反省「なぜあの勝ち方に行ってしまったのか」

2021/02/22(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

メインイベントでTKO勝利し、試合後のインタビューに応じるも笑顔のなかった平田樹

 2月22日(月)東京・TSUTAYA O-EASTにて『Road to ONE:4th Young Guns』が開催され、メインイベントに出場した平田樹(フリー)は2Rにパウンド連打で修斗世界女子スーパーアトム級ランキング6位・中村未来(MARS GYM)にTKO勝ちした。

 いつもの必勝パターンで勝ったことで、勝利後も一切、笑顔のなかった平田。「結局これかよ、と周りに思わせたくありませんでした。自分が思っていたようなフィニッシュではなかったので全然ダメ。打撃もせっかく1年も練習してきて、もっとできることがあったのにできなかったのが一番悔しかった」とイメージしていた勝ち方ができなかったことに納得できていないという。

平田が得意の首投げから袈裟固め、そこからパウンド連打で快勝

「寝技で勝つにしても違うパターンもあったし、自分のできることはたくさんあったのに、なぜあの勝ち方に行ってしまったのか……。パウンドアウト、打撃でのKOを狙っていて、練習でできていても、試合でできていないのが凄く嫌です。練習以外の面で欠けているものがあったのかなと思います」と反省の弁は続く。

 メインに抜擢されたことで負けてはいけないプレッシャーがあったかとの問いには、「負けることは全く考えていませんでした。勝つという自信には満ちていたのですが、勝つだけでなく内容にこだわりたかった」という。

青木真也から声を掛けられ涙を流す平田

 試合後には青木真也から声を掛けられる場面があり、その内容については「『みんなは良かったよと悪いことは言わないと思うけど、俺は褒めないよ。どんなに頑張っても練習してきたことが全然試合に出てないし、ちょっと狙いすぎ。パターンが決まってるからもっと練習しなきゃダメだ。次の試合はもうすぐだから、そこをどうするかは自分次第。とりあえず俺は褒めない』と言われました」と青木からもダメ出しはあったと明かす。

 またメインに抜擢されたことについては「男子選手がいる中でも女子選手がメインを張れるところは一番胸を張れるところ。男子に負けない試合をすることが一番でしたが、これではダメ。女みたいな試合をしたくなかったのですが、これじゃあまだまだだと課題が残りました」とコメント。

 次戦については「もうすぐに組んで下さい、とお願いしているので長い期間休むことは考えたくありません。今日みたいに勝っても悔しい想いをするのは初めてなので、次はこういうことがないようにしたいです。明日からでもすぐに練習を再開して、そこに向けてやります」と反省すべきことは多いながらも気持ちをすぐに切り替えて練習していくとした。

●編集部オススメ

・[本日の試合]メインイベンターの平田樹がパウンド連打でTKO勝利も、試合内容に満足いかず悔しい表情

・平田樹のドラゴンボールキャラが話題に=那須川天心、ドネアらも大好き

・[本日の試合]“反骨の格闘魂”吉野光が驚異のフィジカルで、“弘中の愛弟子”野瀬翔平との激闘を制す

・[本日の試合]”恋ステ”有井渚海がバックハンドブローで衝撃KO勝利、夢のONE本戦へつなぐ

・【Road to ONE】”Gカップ”&”尻美人”がラウンドガールに決定!(写真10枚)=2.22

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧