TOP > ニュース 一覧

【RISE】大崎一貴、三冠王・一航に勝利!風音はHIROYUKIにダウン奪う快勝

2021/02/23(火)UP

風音(右)が強烈なパンチをHIROYUKIにふるう

▼セミファイナル(第7試合) スーパーフライ級(-53kg) 3分3R延長1R
●HIROYUKI(RIKIX/元新日本キックボクシング協会バンタム級&フライ級王者)
判定0-3 ※28-29、28-30×2
〇風音(TEAM TEPPEN/同級4位)

 HIROYUKIは新日本キックが誇る天才ファイター。2017年5月に瀧澤博人を下し日本バンタム級王座を戴冠。フライ級に続いての二階級制覇を達成した。昨年、6月3日付で目黒藤本ジムに所属していた小野寺力率いる『RIKIX』への移籍を果たした。8月には石川直樹にKO勝利、10月には”最強高校生”花岡竜と引き分け、前戦である今年1月はMASAKINGにKO勝利している。

 対する風音は、プロキャリア前半は関西を中心に活躍し、19年3月にTEAM TEPPENに移籍。同年9月には元新日本キックボクシング協会フライ級王者の麗也からTKO勝利、11月には元NJKFフライ級王者の松谷桐に判定勝利を収め5連勝をマークしていたが、昨年2月の大﨑一貴との一戦で2度のダウンを奪われ連勝がストップ。今回が1年ぶりの試合で、またしても他団体王者を迎えることになる。

ダウンを奪った風音

 1R、風音が左のインローを蹴り、HIROYUKIはお返しに右ローを強打。HIROYUKIは右ミドルを見せながら、カウンターの右ストレートを見舞う。風音はタイミング良く左ジャブ、右ストレートをヒットさせる。

 2R、両者ともに左ジャブを出す。HIROYUKIがワンツーで襲い掛かると、風音が左フックのカウンターをヒット。終盤に、風音が右のストレートをカウンターでヒットさせてHIROYUKIが倒れてダウン。大きなダメージはなさそうだが、このラウンドは風音のペースに。

 3R、HIROYUKIがパンチで前に出て、左フックをヒットさせるが、風音は耐える。風音はワンツー、右ローを出していき、左ジャブを使いながら距離を取る。右ハイキック、バックスピンキックなどの大技も見せるHIROYUKI。風音も巻き返しを許さず、右ストレートをヒットさせ、終了のゴングが鳴った。

 復帰戦を勝利で飾った風音は「パンチで判定だったけど、本当に待ちに待った。これっすね」と語り、「感謝しかないし、結果を残していくことで返していきます。始まったばかりなので、トーナメントにも出たいし、ベルトも巻きたい。これからも応援よろしくお願いします」と意気込んだ。

●編集部オススメ

・【RISE】大﨑一貴がまたも王者対決、NJKF兄弟エースの一航が来襲

・【RISE】DEEP☆KICK王者・山畑雄摩と大石健作がふんどし競演「僕が勝ったらふんどしをもらう」(山畑)=前日計量

・【RISE】ケガから復帰の良星、代打出場の内藤啓人に「抜かりなく勝ちます」=前日計量

・寺山日葵の王座挑戦を懸け女子ミニフライ級Tが発表、AKARI、宮崎若菜ら強豪参戦=3.28

・元西武の相内誠、キックデビュー戦に投手らしく「右ストレートでKOしたい」=2.28 RISE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧