TOP > ニュース 一覧

元西武の相内誠、キックデビュー戦に投手らしく「右ストレートでKOしたい」=2.28 RISE

2021/02/19(金)UP

リラックスした柔和な表情で会見で話す相内©️RISE

 2月28日(日)神奈川・横浜アリーナで『RISE ELDORADO 2021』が開催される。
  今大会の[スーパーライト級(-65kg) 3分3R]でDelgermuru拳信王(デリゲルムルン・ケンシンハン/31/FLAT UP)と対戦する相内誠(あいうち・まこと/26/フリー)が19日、公開練習を行った。

 相内は元埼玉西武ライオンズに所属。12年にドラフト2位で入団し、145kmのストレートと多彩な変化球を武器に活躍した。昨年11月3日に西武から戦力外通告を受け、同12月25日のRISEの会見でプロデビューする事が発表されていた。

長いリーチを活かした動きでシャドーする相内©️RISE

 元々プロ野球に入る前から野球と並行してキックボクシングのトレーニングをやっていた相内だが、相手はモンゴル選手特有の“殴り合い上等”のガンガン前に出るファイター。3勝5敗の戦績で1年半ぶりの試合となるが、相内にとっては厳しい相手とのデビュー戦となる。

 公開練習で相内は、シャドーとミット打ちを披露。シャドーでは、自身の長いリーチを活かした懐深い構えで、ジャブから右のロー、右のヒザを中心に見せ、ミット打ちでは、右のストレート、右ミドルを連発した。

右のミドルを放つ相内©️RISE

 アマチュア経験は無くプロのリングでいきなり実戦を行う相内だが、デビュー戦ということについて「プロ野球の時はデビュー戦と言っても、初登板と言っても、野球の試合はやったことがあったので。しかし、今回は(これまで)試合をしたことがないという、不思議な気持ちです」とコメント。 
 現在の心境は「正直なところ、楽しさ半分、不安半分です」と、言葉とは裏腹に落ち着いた表情で語った。

右ストレートをミットに叩き込む相内©️RISE

 相内は試合が決まってからこの1ヶ月の成長については「技術については今からやったところで、難しい話なので、気持ちなのかなと思う」と冷静に分析。
 しかし「それなりに試合で勝てるような練習量は行っている」と多くは語らずも「練習でやってきたことを試合で出す。まずは今回試合をする」と、力強く語った。

 その一方で「技術面は欠けることが大きいが、ピッチャーだったということもあって、右ストレートでKOしたい。楽しい打ち合いができると思うし、見ていて楽しいなと思える試合が出来るんじゃないかなと思う」と、とても初陣とは思えない堂々たる様子。

右ストレートKO宣言の相内©️RISE

 リングに上がる緊張感や恐怖心について尋ねると「当日になって出てしまうのかもしれないが、今のところ大丈夫。(上手く戦えるかの)不安はありますが、怖さは今はない」としつつも、会見で発言した“相手と打ち合う”ことについては「怖いです。でも、アホみたいにいきなり打ち合う訳ではなく、そういう場面が来ると思うし、(その時は)しっかり逃げずに戦いたい」と、やはり堂々たる落ち着いた様子で、9日間先の戦いのイメージを作っていた。

 プロ野球出身者初の王者への第一歩を踏み出した相内。第一線で活躍したその身体能力を活かしどの様な戦いを見せるのか、注目が集まる。

●編集部オススメ

・【RISE】元西武・相内誠のデビュー戦の相手は“殴り合い上等”のモンゴル戦士「しっかりと打ち合って勝つ」

・【RISE】元西武の相内誠が本気のキックデビュー「やるからには頂点」=2.28横浜

・【RISE】志朗との再戦に挑む那須川天心が“秘策”を準備「速いだけが正義ではない」

・【RISE】二度目の那須川戦を控える志朗「今回がラストチャンス、全ての局面を想定した」

・【フィットネス】ミス・ユニバース神奈川4位の永吉令奈がビキニで優勝、空手6年、キックでも体幹鍛える

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧