TOP > ニュース 一覧

【RISE】大崎一貴、三冠王・一航に勝利!風音はHIROYUKIにダウン奪う快勝

2021/02/23(火)UP

大崎(右)が三冠王の一航(左)を撃破

RISEクリエーション株式会社
『RISE 146』
2020年2月23日(火・祝)東京・後楽園ホール

▼メインイベント(第8試合)Super fight!スーパーフライ級(-53kg) 3分3R延長1R
〇大﨑一貴(OISHI GYM/第2代RISEスーパーフライ級王者、初代WMC日本フライ級王者、LPNJフライ級王者)
判定 2-0 ※29-28、29-29、30-28
●一航(新興ムエタイジム/WBCムエタイ日本統一バンタム級王者、NJKFバンタム級王者、WMCムエタイ日本バンタム級王者)

大崎のカーフキック

 大﨑はムエタイの本場タイで8連続KO勝利という驚異の記録を立てた天才児。ムエタイ殿堂・ルンピニーでの王座戦経験も持つ。RISEには昨年2月に参戦すると、僅か3戦目で王者・田丸に完勝し戴冠した。他にも初代WMC(世界ムエタイ評議会)日本フライ級やLPNJ(ルンピニースタジアム オブ ジャパン)フライ級王座などの国内ムエタイタイトルを獲得するなど、国内軽量級の紛れもないトップクラスだ。

一航(左)の強烈な右ミドルで、大崎の肩のあたりが赤く染まる

 対する一航はNJKFを主戦場とする三冠王。19年4月にWMCムエタイ日本バンタム級王座を獲得。続く11月にはNJKF同級王座を獲得し、高校生二冠王者を達成した若き強豪だ。昨年9月には、WBCムエタイ日本統一バンタム級王座を戴冠。同じくNJKFで軽量級エースとして活躍する、WBCムエタイ日本フェザー級王者・大田拓真は実兄。一航も兄譲りの美しい蹴り技を武器とする。

 1R、大崎がどっしり構えて左右のロー、一航は距離を取りながら左ミドルを放つ。中盤以降は、大崎がプレッシャーをかけて、左ボディフック、左アッパーなどのパンチを見舞う。大崎に比べると手数は少なめな一航。

 2R、一航が右ミドルで先制すると、大崎は右のカーフキックを繰り出す。大崎がじりじり距離を詰めて左フック、右アッパー。一航もギアを上げて、パンチから右ミドルを蹴り込む。大崎も負けじとワンツーを放ち、細かいパンチをまとめる。

 3R、大崎が回転の速いフックをボディにまとめて、右カーフキックをヒット。一航も右ミドルを何度も蹴り込み、大崎の腕は赤く染まる。接近戦でも押し負けない両者。近距離で、大崎が左ボディフック、左フックを見舞う。最後まで、両者ともパンチと蹴りを出し続け、終了のゴングが鳴った。

 判定は2者が大崎を支持、2-0で大崎の判定勝ちとなった。

 マイクを持った大崎は「ー航選手は気持ち強くて、今まで1番やってきた選手の中で1番蹴りが重かった。また、53キロトーナメントあるので、僕もそれに出れるように練習して、勝ちを積み重ねて行くので応援よろしくおねがいします」とコメントした。

 試合後のインタビューでは、一航の右ミドルの威力が想像以上であったことを明かし、「出るだけじゃなくて優勝しないといけないので、トップのメンバーが出てくるので、そこで勝つにはこんなんじゃダメ。優勝しか狙っていないので、まだ練習しないといけない」と語った。

 また、同階級でRISEに参戦している弟・孔稀がトーナメントに出場したらどうするのかと聞かれると「 僕はまじでやりたくない。僕的にはやめてほしいですね。上がってきそうな感じがするので、ちょっとやりたくないです」と話した。

●編集部オススメ

・【RISE】大﨑一貴がまたも王者対決、NJKF兄弟エースの一航が来襲

・【RISE】DEEP☆KICK王者・山畑雄摩と大石健作がふんどし競演「僕が勝ったらふんどしをもらう」(山畑)=前日計量

・【RISE】ケガから復帰の良星、代打出場の内藤啓人に「抜かりなく勝ちます」=前日計量

・寺山日葵の王座挑戦を懸け女子ミニフライ級Tが発表、AKARI、宮崎若菜ら強豪参戦=3.28

・元西武の相内誠、キックデビュー戦に投手らしく「右ストレートでKOしたい」=2.28 RISE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧