TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】3.21 全試合順決定、メインは浜崎vs浅倉の女子タイトル戦、セミはサトシvs徳留、スダリオ剛は10試合目

2021/03/10(水)UP

全14試合の試合順が発表された

 3月21日(日)に愛知・日本ガイシホールにて開催される『RIZIN.27』の全14試合の試合順が10日、発表された。

 メインはRIZIN女子スーパーアトム級(49kg)タイトルマッチ「浜崎朱加vs浅倉カンナ」。
 この二人は18年大晦日の王座決定戦で対戦し、2R、浅倉に腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。浜崎が初代王座獲得に成功した。1度目の対戦から2年、再びタイトル戦で浅倉はリベンジ達成となるのか。

 セミはホベルト・サトシ・ソウザ(ボンサイ柔術)vs徳留一樹(パラエストラ八王子)の対戦。サトシは数々の柔術世界大会で優勝を重ねた”柔術界の至宝”。これまでRIZINで北岡悟や矢地祐介にTKO勝利している。
 対するRIZIN初参戦の徳留は13年にはUFCに参戦し白星デビュー。14年3月にはUFCファイト・オブ・ナイトを受賞するアグレッシブなファイトを見せた。15年にパンクラスライト級王座を獲得。直近ではONEで4戦をこなし、現在2連勝中と世界的な知名度を上げている。国際的なMMA戦はどちらが勝利するのか。

 12試合目にDEEPライト級王者・武田光司(BRAVE GYM)vsパンクラスライト級王者の久米鷹介(ALIVE)。
 11試合目にクレベル・コイケ(ボンサイ柔術)vs摩嶋一整(毛利道場)と続く。

 そして10試合目には昨年の大晦日でミノワマンを1RカーフキックでKOした元大相撲のスダリオ剛(フリー)vsプロレスリングノアを中心に活躍する宮本和志(和志組)の対戦が決定した。

 元K-1王者の大雅は9試合目、UFC帰りの堀江圭功は8試合目と続いた。
 また2試合目から4試合目までキックボクシングルール。9試合目の大雅と合わせ14試合中、4試合がキックボクシングの試合となった。今月7日にムエタイルールで、キック界のレジェンド藤原あらしを破ったばかりのシュートボクシング期待の若手・佐藤執斗(23=SB日本バンタム級2位)と対するムエタイのWMCインターコンチネンタル バンタム級王者の國本真義(MEIBUKAI)は4試合目。佐藤もムエタイのWMCを2階級制覇し、MAX FCフライ級王者となっているが果たして勝つのはどちらか。

☆この大会の対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【RIZIN】初防衛に挑む浜崎朱加、挑戦者・浅倉カンナに「余裕や油断はない、本気で倒しにきて」

・【RIZIN】(動画あり)スダリオ剛がデビュー2連続KO勝利!“超人”ミノワマンをカーフキック葬

・【RIZIN】サトシ・ソウザが覚醒&復活のTKO勝利、矢地祐介はジークンドー発揮ならず

・佐藤執斗が”レジェンド”藤原あらしを撃破、”石井一成の甥っ子”寿来がヒザ蹴り連打で圧巻KO

・山本美憂が4度目の結婚についてマツコ&矢部浩之とトーク『アウト×デラックス』=3.11よる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧