TOP > ニュース 一覧

【DEEP】全選手計量パス、メインの平田直樹「2021年一発目、しっかり勝ちに行く」

2021/03/13(土)UP

メインイベントで対戦する横山(左)と平田(右)

 3月13日(土)東京・新宿FACEにて開催される『skyticket presents DEEP TOKYO IMPACT 2021』の前日計量が12日都内にて行われ、全20選手が無事に計量をパスした。

 メインイベント(第10試合)の[DEEPフェザー級(65.8kg以下)5分3R]に出場する横山京亮(29=フリー)は66.0kg、平田直樹(23=K-Clann)は66.25kgで計量パス(タイトルマッチ・キャッチウェイト以外の試合は500gまでの超過が認められる)。

マッスルポーズで逆三角形の上半身を見せる平田

 計量を終えた平田は「前回に続き今回もメインで使ってくださり、ありがとうございます。明日は2021年一発目、しっかり勝ちに行きたいと思います」。横山は「しっかり準備をしてきました。明日はやることをやるだけかなと思っています」と意気込みを述べた。

 平田はONEで活躍する平田樹の実兄で、樹とともに講道館・春日柔道クラブで柔道を習い、柔道名門・国士舘でも活躍したアマエリート。前戦は昨年12月で、「朝倉未来1年チャレンジ」メンバーの畠山祐輔にグラウンドの強さを見せつけ完勝した。

セミファイナルの鈴木(左)と大木(右)も計量パス

 対する横山は、パンクラスの2015年ネオブラッド・トーナメント フェザー級優勝者で、パンクラス時代には田村彰敏や日沖発など王者クラスと拳を交えてきた。前戦は昨年3月で、グラウンド戦をコントロールしきった横山が肩固めで一本勝ちを収めている。

 初対決の両者、プロ3戦目の平田は歴戦の横山に宣言通り勝利することはできるか。

<全計量結果>

▼メインイベント(第10試合)DEEPフェザー級 5分3R
横山京亮(フリー)→66.0kg
vs
平田直樹(K-Clann)→66.25kg

▼セミファイナル(第9試合)DEEPライト級 5分2R
鈴木琢仁(Bonsai Jiu-Jitsu)→70.35kg
vs
大木良太(KRAZY BEE)→70.60kg

▼第8試合 DEEPフライ級 5分2R
加藤瑠偉(KRAZYBEE)→57.10kg
vs
本田良介(CAVE)→57.20kg

▼第7試合 DEEPライト級 5分2R
石塚雄馬(AACC)→70.35kg
vs
ケンヤスキー(ALIVE沖縄/SHIMAZILIANS)→70.70kg

▼第6試合 DEEP 72kg以下 5分2R
Street♡★Bob”洸助(LEGION TOP TEAM /ISHITSUNA MMA)→71.70kg
vs
泰斗(高本道場/真月流)→71.50kg

▼第5試合 DEEPライトヘビー級 5分2R
関野大成(三河幕府)→92.40kg
vs
Garry(K-Clann)→89.85kg

▼第4試合 DEEPストロー級5分2R
キンタ・ジ・エンド(KIBAマーシャルアーツクラブ)→52.40kg
vs
根本元太(パラエストラ柏)→52.25kg

▼第3試合 DEEPフェザー級 5分2R
佐々木由大(トライフォース赤坂)→65.95kg
vs
佐藤拳駿(OOTADOJO)→64.60kg

▼第2試合 DEEPフライ級 5分2R
森脇公三(トイカツ道場)→56.5kg
vs
梅木勇徳(パラエストラ千葉)→57.0kg

▼第1試合 DEEPバンタム級 5分2R
松丸息吹(パラエストラ千葉)→61.35kg
vs
福地椋河(フリー)→61.35kg

●編集部オススメ

・平田樹の兄・直樹、3戦目で王者クラスと激闘してきた横山京亮と対決

・【TV・配信】横山京亮vs平田直樹ほか『DEEP TOKYO IMPACT 2021』生中継、配信情報=3.13

・“美ボディ戦士”ケイト・ロータスが黒ビキニで計量パス

・DEEP 100回記念グラップリングタッグマッチは横田・松本の掌底、菊野の飛び蹴りまで出る乱戦に!?

・23歳のバースデーウィン飾った平田直樹、フィニッシュならず反省も「来年もっと強くなる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧