TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】スダリオ剛と戦う“怪力”プロレスラー宮本和志、藤原喜明にも関節学び「プロレス界の先人が築き上げたものを出したい」

2021/03/15(月)UP

公開練習を行う宮本和志

 3月21日(日)に愛知・日本ガイシホール(名古屋市総合体育館)で開催される『RIZIN.27』で、スダリオ剛(23=フリー)と[RIZIN MMAルール(120.0kg)5分3R ※ヒジあり]で対戦するプロレスラー・宮本和志(41=和志組)が公開練習を行った。

 分厚い筋肉で覆われた身長182cm、体重118kgの巨体を誇るパワーファイターの宮本。2001年に全日本プロレスでプロレスデビュー。近年では自ら主宰する超硬派武闘集団和志組にてチャリティプロレスを開催し、東日本大震災で被災した地元福島県の復興支援に取り組んでいる。デビュー20周年を迎える本年、宮本はMMA戦デビューを果たす。

振付仮面(左)とともにトレーニングする宮本(中央)

 対するスダリオは大相撲の元貴ノ富士。昨年9月のデビュー戦では、プロレスラーのディラン・ジェイムスにTKO勝利しMMAデビューを飾った。大晦日にはミノワマンにカーフキックからグラウンドパンチでTKO勝利している。

 宮本は振付仮面を帯同して公開練習に登場。
 スクワット、カールゴッチ式プッシュアップ(腕立て伏せ)を始めとしたプロレス式トレーニングを公開した。
 最期には振付仮面のマスクを脱がすと、正体が何と振付師のラッキィ池田、プロレス的にエンタメ的なサプライスを行なった。

振付仮面の正体は「ラッキィ池田」(左)だった

 さて、そんな宮本に次戦に対する意気込みを聞いた。宮本は大学時代には学生相撲で活躍し、県大会2連覇経験も持つ。相撲にも誇りを持つ宮本だが、スダリオが先日の会見で「そもそも相撲は総合格闘技のリングでは関係ない」と相撲とMMA戦とは別と割り切った発言をした。

 それについて聞くと「そんな事を言っているんですか? 自分の出身の格闘技にそう言う事を言うのは違うんじゃないかと思うし、まあ僕は世代的に若貴世代で凄く尊敬しているので、もう少し誇りを持って欲しい」と強く語った。

ゴッチ式腕立て伏せを披露する宮本

 スダリオは相撲は関係ないとは言うが、組んだ時の当たりや粘り腰は他の選手よりも対抗はできるだろう。また、宮本は日本人プロレスラー初のベンチプレス300kgを誇り、パワーファイターでもある。さらにパワーだけでなく、これまでに全日本プロレス時代に特別参戦していた関節技の鬼”藤原喜明”からもサブミッションの指導も受け、最近では前田日明からの技術指導やケンドー・カシンからの激励も受けている。

 勝負の鍵や流れについては「当日になってみないと分からない」としながらも「プロレス界の先人の先輩が礎を築き上げたものを出していきたい」と宣言した。
 プロレス流パフォーマンスで秘策を隠しながらも、プロレス界の先人達が築き上げたものをぶつけて勝利する気持ちが垣間見えた。

 カード発表会見でも「プロレスラーの本当の強さを見せて熱い試合をしたい」と語っていた宮本。
 全日本プロレスの創設者ジャイアント馬場の名言「シュートを越えたものがプロレス」を文字通り体現するつもりだ。
 それに対してプロレスラーキラーの異名を超えて、MMAの次のステップに進みたいスダリオ。果たしてこの闘いはどうなるのか?

●編集部オススメ

・【RIZIN】スダリオ剛、宮本和志とのヘビー級対決は「ボコボコに一方的に勝つ」

・【RIZIN】スダリオ剛が“超人”ミノワマンをカーフキック葬(動画あり)

・アントニオ猪木が闘病中のリハビリ姿を公開「元気ですかー!と言えるように頑張る」

・キューティー鈴木、51歳で格闘技大会GMとしてリングに上がる「来年もう一度やりたい」

・KINGレイナがOLに「デスクワークで困惑しながら人生初社会人してます」復帰も示唆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧