TOP > ニュース 一覧

【RISE】歴戦の王者・紅絹「私にしか見せられない動き、戦い方がある」18歳・宮﨑小雪との「勝負の鍵は”経験値”」

2021/03/18(木)UP

ミットにパンチを叩き込む紅絹(C)RISE

 3月28日(日)東京・後楽園ホールで開催される『RISE 147』の「RISE QUEENアトム級(-46kg)タイトルマッチ3分5R無制限延長R」で挑戦者・宮﨑小雪(18=TRY HARD GYM)を迎え撃つ、王者・紅絹(37=NEXT LEVEL渋谷)が公開練習を行った。

 紅絹は2006年10月にプロデビューして以来、すでにキャリア60戦を超える大ベテラン。2012年11月にJ-GIRLSミニフライ級王座を奪取、2016年4月には第2代Krush女子王座に挑戦するなど、トップに君臨し続けている。19年7月には、RISE QUEENアトム級(-46kg)王座を戴冠。昨年行われた女子最強を決めるQUEEN of QUEENS 2020 トーナメントでは、寺山日葵に決勝で敗れたが、準優勝に輝き、その実力を示している。

(C)RISE

 公開練習では、軽いステップからワンツー、右ボディなどのパンチをミットに叩き込んだ紅絹。先月に37歳の誕生日を迎え「年が一個増えて、動きが少し鈍くなった」と冗談混じりに話すが、「去年の決勝で自分の戦いができずに終わってしまった。誰とやっても自分の戦いは出来ないといけないので、そのための練習をして来た」と自信を見せる。

 対戦する宮﨑との試合が近づいて「(宮﨑は)キャリア少ないけど、油断出来る相手じゃない。私より速いし上手い。(その)スピードに付いていくのが楽しみ」と気を引き締める。

 自身の方が上回っている部分を聞かれると「社会の理不尽に耐え抜いた37歳ということです。(宮﨑は)18歳なので、まだ社会に出ていないし、強気なまっすぐさというか、キラキラしたものがある。キラキラしたものが一切ない、年齢に応じたファイトを3分5Rしっかり見せようと思っている」とコメント。

今年の1月大会で、宮﨑小雪(右)の宣戦布告を受けた紅絹(左)

 また、勝負の鍵は”経験値”との見解を示す。具体的には「(自身は)何10戦も(宮﨑より)多くやってる分、リングの上で戦ってきた時間はダントツとして多い。向こうには経験してない部分だと思う。5Rも(宮﨑は)初めてだと思うし」と話した。

 さらに「私が圧倒的な強さは出来ていないので、圧倒的に強い自分を見せるとは言えない。私にしか見せられない動き、戦い方がある。メインイベントに抜擢していただいたので、それに恥ずかしく無い試合を見せたいと思います」とこの試合にかける思いを熱弁する。

紅絹(C)RISE

 高校生の間に王座戴冠を目標に掲げている宮﨑を阻止したいかと聞かれると、「阻止というか、残念でした。残念ですが叶わないかな。もう一回入学してもいいかもですね。再入学したらチャンスがあるので、伝えておいてください」と語った(宮﨑は卒業しているが、今年の3月までは高校生だ)。

 紅絹自身、RISE王者でいる以上は、王者としてのプライドはある。「何回も防衛したりとか(の目標)はないですけど、持ってるうちはこの階級で強くありたい。防衛したら強い相手とやっていきたいと思ってます」と今後も見据えた。

☆この大会の対戦カード、スケジュール、チケット情報はこちら

●編集部オススメ

・【RISE】宮﨑小雪、劇的進化を紅絹に予告「2ヶ月前とは別人」戴冠後は「新しい時代を創る」

・【RISE】20歳の女子空手家・田渕涼香が大金星、小林愛三からダウン奪い勝利

・【RISE】無敗の“8頭身JKファイター”AKARI「リベンジなんて2度と言わせない」激突する宮﨑若菜「敗北の味を教える」=3.28

・【RISE】“名勝負製造機”水落洋祐が“ムエタイ才女”伊藤紗弥の実兄・伊藤澄哉と激突=4.17

・【ABEMA】「格闘技にパッとするのいない」が参加理由、強烈個性ぶつかる、UFC目指す16歳ら一次審査通過=『格闘DREAMERS』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧