TOP > ニュース 一覧

【K-1】メイン江川優生ら本戦全選手が計量を1回目でパス、プレリミ4選手が再計量に=K’FESTA.4

2021/03/20(土)UP

無事に計量をパスしたメインの江川(左)と椿原(右)

 3月21日(日)東京・東京ガーデンシアターで開催される『K’FESTA.4 DAY.1』の前日計量が、20日(土)都内にて13:00より行われ、本戦出場全選手が計量を1回目でパスした。

  明日のメインイベントで行われる「K-1フェザー級タイトルマッチ」で対戦する、王者・江川優生(POWER OF DREAM)はリミットの57.5kgを57.4kgで、挑戦者・椿原龍矢(月心会チーム侍)はリミットで、両者とも計量を1回目でパスした。

 両者は、昨年9月のK-1大阪大会で対戦しており、椿原が前進してパンチを振ってくる江川をテクニックでいなして、判定勝利を収めている。江川にとっては、リベンジと初防衛をかけた試合、椿原にとっては念願のK-1世界王座戴冠を目指した大一番だ。

 運命のタイトルマッチを制するのは、前に出て強烈なフックを叩き込む江川か、それとも絶妙な距離感とテクニックが持ち味の椿原か。明日のゴングを待つのみとなった。

セミで激突する、K-1スーパーライト級王者の山崎(左)と不可思(右)

 セミファイナルで対戦する、K-1スーパーライト級王者の山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と、他団体で多くのベルトを獲得して来た不可思(クロスポイント吉祥寺)は、両者ともリミットジャストで計量をパスした。

 ”ゴールデンフィスト”とも称される強烈な拳を武器とする王者・山崎に対して、フィジカルと精神力に定評のある不可思が、どのように立ち向かうかに注目が集まる。

 本戦出場選手が続々と計量をパスする中、プレリミナリーファイトでは、全8選手中、4選手が1回目の計量でパスすることが出来なかった。15時までの再計量に望みをかけることになった。

〈全計量結果はこちら〉

▼第13試合 K-1 WORLD GPフェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
江川優生(POWER OF DREAM)→57.4kg
vs
椿原龍矢(月心会チーム侍)→57.5kg

▼第12試合 スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)→65.0kg
vs
不可思(クロスポイント吉祥寺)→65.0kg

▼第11試合 スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
村越優汰(湘南格闘クラブ)→60.0kg
vs
芦澤竜誠(PURGE TOKYO)→60.0kg

▼第10試合 スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
卜部功也(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)→62.5kg
vs
蓮實 光(パラエストラ栃木)→62.5kg

▼第9試合 スーパーファイト/-59kg契約/3分3R・延長1R
小澤海斗(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)→58.9kg
vs
篠塚辰樹(MASTER BRIDGE SOUND)→58.9kg

▼第8試合 スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
近藤魁成(大成会館/キックボクシングジム3K)→67.2kg
vs
マキ・ドゥワンソンポン(真樹ジムAICHI)→66.8kg

▼第7試合 スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
鈴木勇人(K-1ジム五反田チームキングス)→64.8kg
vs
ヴィトー・トファネリ(ブラジリアンタイ・闘英館)→65.0kg

▼第6試合 スーパーファイト/K-1クルーザー級/3分3R・延長1R
加藤久輝(ALIVE)→90.0kg
vs
サッタリ・ウィラサクレック(WSRフェアテックス・イラン)→88.7kg

▼第5試合 スーパーファイト/K-1クルーザー級/3分3R・延長1R
RUI (K-1ジム福岡チームbeginning)→90.0kg
vs
谷川聖哉(K-1 GYM AGAMI-ONO KREST)→89.3kg

▼第4試合 スーパーファイト/K-1女子アトム/3分3R・延長1R
菅原美優(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)→44.8kg
vs
NOZOMI(TAD)→44.5kg

▼第3試合 スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R
軍司泰斗(K-1ジム総本部チームペガサス)→57.5kg
vs
森坂 陸(エスジム)→57.5kg

▼第2試合 スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
東本央貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)→62.3kg
vs
瓦田脩二(K-1ジム総本部チームペガサス)→62.4kg

▼第1試合 スーパーファイト/-75kg契約/3分3R・延長1R
神保克哉(K-1ジム目黒TEAM TIGER)→75.0kg
vs
ジュリオ・セザール・モリ(ブラジリアンタイ/team Mori)→73.9kg

▼プレリミナリーファイト第4試合 K-1フェザー級 3分3R
水津空良(優弥道場)→57.0kg
vs
松山勇汰(TEAM TOP ZEROS/K-1甲子園2020 -60kg優勝)→57.2kg

▼プレリミナリーファイト第3試合 -53kg契約 3分3R
池田幸司(ReBORN経堂/K-1カレッジ2019 -55kg優勝)→53.1kg(15時までの再計量)
vs
倉田永輝(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)→54.0kd(15時までの再計量)

▼プレリミナリーファイト第2試合 -53kg契約 3分3R
峯 大樹(若獅子会館/RKSバンタム級王者)→53.3kg(15時までの再計量)
vs
高橋享祐(戦-IKUSA-GYM)→53.5kg(15時までの再計量)

▼プレリミナリーファイト第1試合 K-1スーパー・フェザー級 3分3R
北村夏輝(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)→59.9kg
vs
赤田功輝(K-1ジム川口TEAM SIRIUS)→59.6kg

●編集部オススメ

・【K-1】武尊vsレオナ、佐藤嘉洋がレオナ勝利を予想「相性がいい、武尊は何回もアゴを上げられる」

・【テレビ・配信】3.21『K-1 K’FESTA.4 Day.1~』生中継・放送情報=東京ガーデンシアター

・【テレビ】K-1ファイター愛鷹亮&元AKB佐藤すみれ夫妻が『新婚さんいらっしゃい!』出演=3.21ひる

・【K-1】ゴンナパーと対戦する“ミャンマーラウェイ王者”南雲大輝「生きている僕が戦う」とクーデター下のミャンマー国民にエール

・【K-1】3.28試合順決定、武尊vsレオナをメインに全19試合=日本武道館

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧