TOP > ニュース 一覧

【K-1】山崎秀晃vs不可思は激闘必至!「”山崎春のパンチ祭り”でKO」(山崎)=前日計量

2021/03/20(土)UP

激突する山崎(左)と不可思(右)

 3月21日(日)東京・東京ガーデンシアターで開催される『K’FESTA.4 DAY.1』の前日計量&記者会見が、20日(土)都内にて13:00より行われた。

 明日の「セミファイナル スーパー・ライト級 ワンマッチ」で対戦する、K-1スーパー・ライト級王者・山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と不可思(クロスポイント吉祥寺)は、両者ともリミットの65.0kgで計量をパスした。 

激突する山崎(左)と不可思(右)、完全に仕上がった美しいボディーを披露

 山崎は新生K-1旗揚げから参戦し続けるベテラン。Krushではライト級、スーパー・ライト級の2階級を制覇するも長らくK-1王座には手が届かなかった。昨年9月に安保瑠輝也の持つK-1 WORLD GPスーパー・ライト級王座へ挑戦すると、ニックネームでもある“ゴールデンフィスト”が炸裂。安保を1R KOで葬り、悲願のK-1王座奪取を成し遂げた。現在5連勝中4連続KO勝利と絶好調。

 不可思は国内外のトップファイターと数々の激闘を演じ、巻いたベルトは実に5本。次なるベルトをK-1のリングに求め19年より参戦した。K-1グループではここまで6戦し3勝(3KO)3敗と五分ながら、毎試合激戦を展開している。

バキバキの身体でマッスルポーズする山崎

 意気込みを求められると、不可思は「やれることやってきて、明日はやるだけです。どうなるか楽しみです」、一方の山崎は「KRESTのチームとトレーナーのおかげで完璧に仕上がりました。明日はお祭りらしく、山崎らしく、元気にいきたいと思っています」とそれぞれコメント。

 セミファイナルの試合になったことについて、山崎は「チャンピオンとして、セミで試合することに自覚を持って、(村越と芦澤が)いい試合すると思うので、その辺も楽しみにしつつ、メインに繋げられるような、山崎らしい試合を見せるだけ」と興行全体を考えた余裕のある態度を見せた。

 不可思も、セミになったことについては「光栄に思います。セミに見合う熱い試合ができると思います」とコメント。さらに、試合の週には食物繊維を取らない減量法を実践したため「ここ最近で一番調子が良い」とも語った。

 山崎は、最後に「もちろんKOで、”山崎春のパンチ祭り”でよろしくお願いいたします」という言葉で会見を締めた。

 

 

●編集部オススメ

・【K-1】山崎秀晃が不可思とワンマッチ決定「ゴールデンフィストに期待して」とKO決着宣言

・【テレビ・配信】3.21『K-1 K’FESTA.4 Day.1~』生中継・放送情報=東京ガーデンシアター

・【K-1】メイン江川優生ら本戦全選手が計量を1回目でパス、プレリミ4選手が再計量に=K’FESTA.4

・【K-1】”戦う美容師”菅原美優、念願の大舞台へ笑顔で計量パス「今までにない女子の試合を見せる」

・【K-1】”進化する問題児”芦澤竜誠、ゴツい肉体を自信満々に披露!相手の村越優汰を”威嚇”も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧