TOP > ニュース 一覧

英国で起きた悲劇のKO負け!叫びながら42発の怒涛の攻撃も、相手の1発で水の泡=海外MMA

2021/03/24(水)UP

英国MMAで起きた悲劇のKO!(Cage Warriors公式SNSより)

 3月20日(土・現地時間)に英国ロンドンで開催された総合格闘技イベント『Cage Warriors 122』で、KO劇が起こった。

 バンタム級ワンマッチ、ブライアン・ボーランド(ベルギー)とリアム・ギッティンズ(英国)の一戦。ギッティンズは前戦となる昨年12月の大会で秒殺一本勝ちを決め、鼻息荒い登場。一方のボーランドは19年10月の敗戦以来1年5ヶ月ぶり参戦。

 2試合連続の初回フィニッシュを狙わんとばかりに、ギッティンズが開始すぐに猛攻。ボーランドをケージに追い込みながら、怒涛の連打。倒す気満々のギッティンズはパンチを打つたび「ハッ、ハッ、ハッ」と声を出し、ガードを固めるボーランドに「何したいんだよ、アー!」と叫びながら挑発。

 しかし、そのスキをついたボーランドが強烈なアッパーカット!倒れたギッティンズにボーランドが追撃したところで、レフリーが割って入り試合を止めた。

 これ以上の攻撃は危険と察知したレフリーの素早い判断に、敗れたギッティンズは納得のいかない様子。それもそのはず、ギッティンズが勝負を決めた一発をもらう前に放ったパンチの数は42発。その間、叫んだり挑発したりもしたが、全て徒労に。なんとも悲劇なKO劇となった。

▶︎次ページ(動画)は、叫びながら42発の怒涛の攻撃からのKO負けシーン

●編集部オススメ

・【RIZIN】“激怒”スダリオ剛が秒殺KOも、過剰な追撃に両陣営乱闘寸前に

・中東で起きた“体がくの字に曲がるバスター”失神KO劇「落とす角度がヤバイ!」と慄然の声

・ミルコ・クロコップが“激似”18歳息子とのツーショット写真掲載「若い頃の写真かと思った」ファン騒然

・【UFC】女子選手が計量で2度倒れ意識朦朧、試合中止に=日本でも活躍リトアニアのユリア

・【K-1】熊田曜子、”神くびれ”際立つラウンドガール衣装を自らデザイン「せっかくならギリギリまで攻めたい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧