TOP > ニュース 一覧

中東で起きた“体がくの字に曲がるバスター”失神KO劇「落とす角度がヤバイ!」と慄然の声

2021/03/12(金)UP

中東で起きた“体がくの字に曲がるバスター”失神KO劇!(CAPOSA公式SNSより)

 3月11日(木・現地時間)に中東バーレーン王国で開催された総合格闘技イベント『Brave FC 47』で、危険なKO劇が起こった。

175ポンド(79.37kg)キャッチウェイトのワンマッチ、ヌルスルタン・ラジボエフ(ウズベキスタン)とイブラヒム・メイン(フランス)の一戦。

 1R、ルジボエフはメインにフルマウントを取られブリッジで返すが、メインがすかさず三角絞めに。長い脚を絡められたルジボエフは、立ち上がりながらメインをリフトアップ。そのまま思いっ切りマットに叩きつけた。頭から落とされたメインの体がくの字になる程の衝撃で、完全に失神した様子。 

 危険を察知したメインは持ち上げられた瞬間、左手でルジボエフの足首を掴み、この危険な“バスター”を回避しようとしているが、時すでに遅しだった。

 この衝撃的なシーンは、04年のPRIDE GPで、クイントン・ランページ・ジャクソン(米国)が、ヒカルド・アローナ(ブラジル)を、同じ様にバスターで失神させた試合を思い起こさせる。

 映像のコメント欄には「落とす角度がヤバイ!」「最高のヴァイオレンスだ!」「残酷だ」「最高のスラムKOだ。この形でのスラム(バスター)KOは2度とないだろう」などの恐れ慄く声が寄せられている。

▶︎次ページ(動画)は、中東で起きた失神“バスター”KO

●編集部オススメ

・ロシアの珍事! MMA美女が240kgの巨漢ユーチューバーにTKO勝利(動画あり)

・こんなKOは初、 何と頭に”力こぶ”が! 欧州MMA王者を倒したありえない“珍撃”

・全米人気の素手ボクシング大会で、わずか3秒の瞬殺KO劇!(動画あり)

・紳士の国イギリスらしい奇妙なKO劇!“エグイ”一撃から突然の“ペコペコ”平謝り!(動画あり)

・美女ファイターが“裸拳”で流血ドツキ合い!素手ボクシング大会史上最も熱狂した「ナックルマニア」の壮絶映像が公開

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧