TOP > ニュース 一覧

”古賀稔彦なくばYAWARA!なし”作者・浦沢直樹氏が追悼、古賀も漫画に登場

2021/03/25(木)UP

古賀稔彦

 ”平成の三四郎”、バルセロナ五輪金メダリストの古賀稔彦が24日早朝、自宅で死去した。53歳だった。昨年、癌と診断され手術、自宅療養中だった。

 柔道女子を主人公にした大ヒット漫画『YAWARA!』の作者・浦沢直樹氏は自身のSNSで古賀を追悼。そして「古賀稔彦さんの柔道がなければYAWARA!はありえませんでした。あんなに見事な一本背負いを漫画でも表現してみたい。でもあの本物の迫力はなかなか出せませんでした」と当時を振り返る。

 浦沢氏のSNSでは『YAWARA!』の主人公の女性・猪熊柔(いのくま・やわら)がまるで古賀の一本背負いのように投げる瞬間のイラストとともに追悼の投稿をしている。古賀の一本背負いがモチーフになったのだろう。猪熊柔の得意技は一本背負いだ。

YAWARAの一本背負いシーン、古賀の迫力を求めたと作者(浦沢直樹twitterより)

 この作品は猪熊柔が92年のバルセロナ五輪で2階級制覇するまでのストーリーとなっているが、古賀も漫画で甲賀として登場。バルセロナ五輪前に足を痛めたが、滋悟郎が作った特効薬で怪我を克服して金メダルを獲得するというものだ。
 実話では、古賀はバルセロナ五輪で、五輪の10日前に吉田秀彦との乱取り中、古賀が技をかけた際に自らのヒザを負傷。練習も思うようにできない中、痛み止めを打ちながら金メダルを獲得している。

 最後に浦沢氏は「古賀さんの柔道はすごい刺激をいつも与えてくれました。本当にありがとうございました、古賀稔彦さん。謹んでご冥福をお祈りします。」と古賀にメッセージを送った。

●編集部オススメ

・【訃報】柔道の古賀稔彦が死去、昨年バラエティ出演で元気な姿も

・古賀稔彦の死去に”後輩”吉田秀彦「奇跡を信じたが叶わず」

・【PRIDE】吉田秀彦、道衣を脱いで小川直也を下す!

・【吉田秀彦引退興行】吉田秀彦と古賀稔彦が対談番組で競演、吉田は「道衣着る」

・美しすぎる柔道女王ビロディドが美腹筋を披露、三菱モータースのモデルで登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧