TOP > ニュース 一覧

【K-1】ムエタイ王者・MOMOTAROが電撃参戦「自分の色に染めたい」と目指すは60kg王座

2021/03/27(土)UP

元WBCムエタイ王者・MOMOTAROがK-1に参戦を発表

 3月28日(日)東京・日本武道館にて開催される『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.2~』の前日計量が27日都内にて行われ、その後の記者会見において元WBCムエタイ・インターナショナル・フェザー級王者MOMOTARO(30=OGUNI-GYM)のK-1 JAPAN GROUP参戦が発表された。

 MOMOTAROは国内ムエタイの第一人者として様々な団体のリングで活躍。これまでにNJKF、WBCムエタイ日本、WBCムエタイインターナショナルの3本のベルトを獲得した。19年6月にはONE Championshipに参戦し、ムエタイレジェンドのシットンノーイ・ポー・テラクンをONEスーパーシリーズ(ONEの立ち技部門)史上最速の41秒でKOし、大きな話題を呼んだ。

ONEを主戦場にしていたMOMOTAROは元ルンピニー王者・シットンノーイをKOし世界的に名を上げた(c)ONE Championship

 MOMOTAROは参戦を決めた理由を大きく2つ挙げた。まずは情勢的な面の理由。「2年間ONEで試合をしていましたが、コロナの影響で試合が難しい。現在30才、現役生活も残り数年だと思う。最後の活躍、がんばりを日本の皆さんや家族、仲間に見てもらいたい」と、充実した現役生活を臨んだ上での参戦と説明。
 もう一つは強敵との対戦。「魔裟斗選手を見て、K-1を見て育ってきたので、K-1には昔から興味がありました。ONEでは61.2kgでやっていましたが、国内の60kg前後で強い選手はどこにいるかと思ったら、K-1が一番面白そうでした。強い選手がいればモチベーションが上がるので、ここで戦いたいと思いました」と、強敵ひしめくK-1の60kg級に強い興味を持っているといい、その中でも「テクニックが見事。華もあるので戦ってみたい」と、第2代K-1 WORLD GPフェザー級王者・村越優汰の名を挙げた。

MOMOTAROは「やるからにはテッペンを目指す」と、スーパー・フェザー級王座奪取に意欲

 目標を「K-1に来たからにはテッペンを目指します」と宣言。『K’FESTA.4 Day.2』のメインイベントで60kg級であるスーパー・フェザー級の王座が争われることに触れると「誰がチャンピオンになろうと、自分が獲りにいって自分の色に染めたい」とK-1制覇を高らかに宣言した。

 海外強豪とも渡り合ってきたMOMOTAROが満を持しての参戦。果たしてその名の通り”鬼退治”を果たすことができるか。

●編集部オススメ

・【ONE】バックハンドブロー一閃、MOMOTAROが元ルンピニー王者を衝撃の1R秒殺KO=2019年9月

・【テレビ】武尊vsレオナほか、3.28『K-1~K’FESTA.4 Day.2~』生中継・放送・3.28情報=日本武道館

・王者・武尊がKO宣言「最高の試合をして必ず倒す」挑戦者のレオナは「楽しませてもらう」と不敵な笑み=前日計量

・王者K-Jeeが計量パス、カリミアンの挑発を「触れたくない」と一蹴=前日計量

・怒りの高梨knuckle美穂「最高の負け方にしてやる」MARIは「女子らしい試合は求めていない」と真っ向勝負宣言=前日計量

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧