TOP > ニュース 一覧

【新日本キック】美女モデルキックボクサー・アリスがプロ4戦目へ「自分との闘い、あと少し」=4.11

2021/04/04(日)UP

モデルとの二刀流キックボクサー・アリスが4戦目に挑む

 4月11日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『TITANS NEOS 28』では、第4試合に、キックボクサーとモデルの二刀流ファイター・アリス(17=伊原道場本部)こと高橋アリスが出場、武内紗耶香(35=格闘技スタジオBLOOM)と対戦する。

 アリスは4歳の時からキックボクシングの名門・伊原道場で練習を積み、キャリアは13年の筋金入りのキックボクサー。       
 18年には「ミスセブンティーン2018」の栄冠にも輝き、現在は『UNDER ARMOUR』『EVERLAST』など、スポーツ系モデルとしても活躍している。

SNSにトレーニング姿をアップ、「自分との闘い」と意気込むアリス(高橋アリス ツイッターより)

 19年3月のプロデビュー戦では勝利を収めたが、昨年9月には判定負けで初黒星。同年10月には判定勝利で再起を果たし、現在の戦績は2勝1敗。
 今回の試合まであと1週間と迫った4月3日、アリスは自身のSNSにトレーニング姿の写真をアップ、炎と力こぶの絵文字を付けて「自分との闘い あと少し」と投稿するなど闘志を燃やしている。

 対する武内は20年2月にRISEでプロデビュー。同9月の2戦目と続いて敗北し、キャリア2戦の中で勝ち星はないが、アグレッシブなファイトで会場を沸かせた。

デビュー戦で宮﨑若菜(右)と打ち合う武内

 “戦うパティシエール”のニックネームを持ち、自身のSNSにはショートケーキや、『鬼滅の刃』をモチーフにしたクッキーなど様々な自作スイーツの写真をアップ。この一戦の決定に際しては「初勝利目指して死ぬほど練習します」と意気込みを見せている。

☆この大会の決定対戦カード、チケット、スケジュールはこちら

●編集部オススメ

・[前回の試合]美女モデルのアリスがプロ2勝目

・“鬼滅カラー”赤髪の渡辺華奈が“超筋肉ボディ”で計量パス、相手の筋肉美女は“蝶の衣装”で登場

・スロバキア美女ムエタイ王者、わずか90秒のハイキック秒殺KO!相手は前のめり倒れ完全失神

・ぱんちゃん璃奈、太ももの筋トレで”蹴りの威力”がUP!鈴木会長が「一気に化ける」と太鼓判

・【新日本キック】2021年初戦に勝次・重森陽太のWKBA王者が揃い踏み=4.11

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧