TOP > ニュース 一覧

UFC新ヘビー級王者ガヌー、ボクシングヘビー級王者フューリーと対戦希望

2021/04/10(土)UP

タイソンフューリー(左=photo:
Naoki Fukuda)とガヌー(右=photo:UFC/getty)

 元プロボクシングヘビー級王者マイク・タイソン(54)が司会を務めるポッドキャスト「Hotboxin’」に先月UFCヘビー級王者スティペ・ミオシッチ(アメリカ)にKO勝利し新王者となったフランシス・ガヌー(カメルーン)が出演した。その番組のYouTubeが4月8日に公開された。

 元々目標とするのはボクシング王者だったというガヌー。幼い頃からタイソンの話を聞いて育ち、テレビが無かった貧しいカメルーンでの暮らしだったが、YouTubeでタイソンの試合を見ていた。カメルーンでボクシングジムに通い、王者を夢見て、フランスに出てきたが、紆余曲折があり、何も知らなかった総合格闘技を勧められ現在に至る。
 そんなガヌーはいずれはボクシングの世界に入りたいと熱望する。

タイソンのポッドキャストに主演したガヌー(左)。右はガヌーのUFCベルトを巻くマイク・タイソン。(タイソンのFacebookより)

 この対談では4団体ヘビー級を制し、現WBCヘビー級王者のタイソン・フューリーの話でも盛り上がった。TMZスポーツには今月5日に「マイク・タイソンとは戦いたくないが、タイソン・フューリーのようなヘビー級ボクサーと戦いたいと思っている」と語っていた。フューリーはプロ無敗、豪腕とヘビー級きっての打たれ強さを誇る。KOを重ねるガヌーとの勝負はどうなるか。

 タイソンは、ガヌーのボクシング挑戦(タイソン・フューリー戦)に肯定的だ。「とても興味深い。見てる人間は試合を通して、ボクシングという競技が理解できる。パンチは簡単に当たらないし、(MMAで許される)ヒジ、ヒザ、蹴りの攻撃はなしだ。意識するのはパンチだけだが、ストレート、フック、アッパーカット、オーバーハンドと色々とある」

 共同ホストのブレンダン・ショーブが、ガヌーはボクシング挑戦に積極的か?の問いに、ガヌーは「むしろ、ボクシングをやるべきだと思う。ボクシングをやることは、昔からの私の夢。でもチャンスがなかった。プロ格闘家としての最初のチャンスはUFCだった。でも、このまま(ボクシングを)やらずに終わる手はないだろう。私は間違いなく、ボクシングをやる」と意気込む。

 次戦はUFCパウンドフォーパウンドと言われるジョン・ジョーンズを迎えての防衛戦が期待されるが、UFC側とジョーンズのギャラの折り合いが合わず、難航しているようだ。実現後にボクシング挑戦ならベストだろう。

 ホスト役のショーブは「状況次第だ。例えば、次にジョン・ジョーンズに勝って、その後、タイソンと組んで、タイソン・フューリーとの試合の話をプロモーターと作る。そして、コナー・マクレガーvsメイウェザー戦のように、契約がある以上、UFCのダナ・ホワイトと穏便な関係を作る」と実現までのルートをイメージする。

 ガヌーは「フリーエージェントであれば、私はボクシングができる。(MMAと)両方できる。そうなるべきなんだ。出来ない理由がない」と語った。

 すると全員で、「実現できるといい!」と盛り上がるトークショー。

 ちなみにタイソン・フューリーは今年2戦、アンソニー・ジョシュアとヘビー級統一戦が計画されているため、フューリーvsガヌーのボクシングの試合が実現するとすれば、来年以降になるだろう。ガヌーもUFCで防衛戦を含め今年2戦(8月と12月をイメージ)考えている。

 果たしてガヌーの夢は実現するのか。

▶︎次ページは(動画)ガヌー勝てるか!? タイソン・フューリーの強さが分かるKO&名場面集

●編集部オススメ

・(動画あり)ガヌーがKO勝利でミオシッチを下し新ヘビー級王者に、試合後ジョン・ジョーンズに宣戦布告

・【ボクシング】ヘビー級初の4団体統一戦についに契約合意、アンソニー・ジョシュアvsタイソン・フューリー、初戦は6〜7月

・【ボクシング】“激昂”のフューリーがKO防衛のジョシュアに宣戦布告「次やってやる、3R以内にオマエをKOする」

・(動画あり)ヘビー級王者ガヌー、モンスター級パンチのスロー映像が公開「あの一撃で世界の全人口の半分はKOされる」「次はゴジラと戦え」と驚きの声

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧