TOP > ニュース 一覧

ボクシングヘビー級王者フューリー、UFC王者ガヌーの発言に噛み付く「楽勝、ボコボコだ」挑発合戦へ

2021/04/14(水)UP

タイソン・フューリー(左=photo: Naoki Fukuda)とガヌー(右=photo:UFC/getty)

 3月28日にUFCヘビー級王者スティペ・ミオシッチ(38=米)にKO勝利し、新王者となったフランシス・ガヌー(34=カメルーン)の発言にプロボクシングで4団体ヘビー級を制し、現WBCヘビー級王者のタイソン・フューリー(32=イギリス)が噛み付いた。

 ガヌーは、4月5日に海外メディアのTMZスポーツにプロボクシングへの転向の目標について「マイク・タイソンとは戦いたくないが、タイソン・フューリーのようなヘビー級ボクサーと戦いたいと思っている」と語った。そして4月8日には元プロボクシングヘビー級王者マイク・タイソン(54=米)が司会を務めるポッドキャスト「Hotboxin’」に出演し、ガヌーvsフューリーの対戦の話で盛り上がった。この対戦にはマイク・タイソンも肯定的だった。

フューリーがガヌーに噛み付いたツイートと画像(@Tyson_Fury)より

 これまで静観を保っていたフューリーだったが、本日14日、ついにツイッターで反応。マイク・タイソンとガヌーの2ショット写真を掲載し
「マイク・タイソンへ、アンソニー・ジョシュアを叩きのめした後、コイツもボコボコにしてやるさ。フランシス・ガヌー、楽勝だ」と挑発。

 その1時間後にガヌーも反応、フューリーが血まみれになった写真(19年のオット・ワリン戦)の写真を掲載し「そいつ(オット・ワリン)にこうされたのなら、もし自分と戦った場合、どうなると思うんだ?」と返した。

 両者のツイッターのリツイートは早くも軽く千を超え、いいねはそれぞれに約1万5千もつくなど大盛り上がりだ。挑発合戦が過熱し、対戦へとつながるか。

フューリーの血まみれ写真を掲載し挑発するガヌー「もし俺と戦ったらどうなると思うんだ」(@francis_ngannouより)

 ガヌーの次戦は決まっていないが、フューリーは今年2戦、アンソニー・ジョシュアとヘビー級統一戦が計画されているため、フューリーvsガヌーのボクシングの試合が実現するとすれば、来年以降となるだろう。ボクシング王者vsUFC王者といえば17年8月のメイウェザーvsマクレガーだ。10R TKO勝利したメイウェザーだが、2年前にボクシングを引退しての復帰戦だった。フューリーは現役のまま戦うことになるだろう。さらに熱い戦いが予想される。

 ガヌーは元々目標とするのはボクシング王者だった。カメルーンでボクシングジムに通い、王者を夢見てフランスに出てきたが、紆余曲折があり、何も知らなかった総合格闘技を勧められ現在に至る。UFCでは11勝2敗で勝ちは全てフィニッシュ。18年7月から5戦は全てパンチでKO勝ちしている。そんなガヌーはいずれはボクシングの世界に入りたいと熱望する。プロとしてのボクシング経験はないが果たしてどうなるか。

 ガヌーは身長193cm、リーチ211cm、体重119kg(21年3月の前日計量時)。

 対するフューリーは30勝(21KO)1分。ヘビー級きっての打たれ強さを誇る。身長206cm、リーチ216cm、体重123kg(20年2月の前日計量時)。

●編集部オススメ

・(動画あり)ガヌーがKO勝利でミオシッチを下し新ヘビー級王者に、試合後ジョン・ジョーンズに宣戦布告

・メイウェザーとマクレガーが会見で乱闘寸前「今ここでやってやる!」

・【ボクシング】ヘビー級初の4団体統一戦についに契約合意、アンソニー・ジョシュアvsタイソン・フューリー、初戦は6〜7月

・(動画あり)ヘビー級王者ガヌー、モンスター級パンチのスロー映像が公開「あの一撃で世界の全人口の半分はKOされる」「次はゴジラと戦え」と驚きの声

・22歳の“スーパーモデル級”ロシア美女戦士がベラトールデビュー!前日計量に“白のボディコン姿”で登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧