TOP > ニュース 一覧

【Krush】晃貴が「負けたら終わり」と覚悟の一戦へ、武尊の熱戦に刺激受け「自分もこうなりたい」

2021/04/17(土)UP

“武尊の弟分”晃貴と黒田勇斗が対戦する(C)K-1

 5月30日(日)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.125』の追加対戦カードが、4月16日、都内にて行われた会見で発表された。

 スーパー・バンタム級で、晃貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)vs黒田勇斗(K-1ジム心斎橋チームレパード)の試合が組まれた。

 晃貴は、武尊の弟分で元Krushバンタム級王者の肩書きを持つ。現在は、1階級上のスーパー・バンタム級に戦いの場を移すと、パワフルな打撃を武器に、今年2月のKrushでは野田蒼にKO勝利を収めた。

左フックをクリーンヒットさせる晃貴(右)

 意気込みを求められると「前回勝って、練習もいい環境で出来て、コンディションもいいんで、今回もしっかり倒して、上にいきたいと思います」と自信を見せる。黒田については「身長も高いですし、リーチも長いですし、上手い選手」と分析している。

「今までは相手を見ずにがむしゃらにやってた感じでしたが、前回はしっかり相手を見て戦えたので、それがKOにつながったと思ってます。今回も倒して勝ちたいと思ってます」と連続KO勝利に意欲的だ。

 今年3月には兄貴分の武尊が、レオナ・ペタスとの壮絶な打ち合いを制している。その試合を見て「あれは凄いですよね。尊敬してる先輩なのでさすがです。モチベーションも上がりましたし、自分もこうなりたい、ってずっと思ってるんですけど、さらに思いましたね。自分もああなりたいです」とモチベーションは高まっている。

 2階級制覇に期待がかかるところだが、晃貴は「先は見てない。先を見るより、この試合に賭けてるんで。負けたら終わりだと思ってるんで。しっかりこの試合に集中して、会場を盛り上げてKOで勝ちます」とこの一戦に全集中だとした。

 対する黒田は、5月に開催される「K-1バンタム級日本最強決定トーナメント」に出場する、黒田斗真の実兄。今年1月のKrushでは小倉尚也に敗れはしたものの、鋭い打撃でポテンシャルの高さを見せた。

『Krush.125』ポスター

 黒田は、意気込みを求められると「今年1発目の試合を落としてしまったのに、前回KO勝ちしてる晃貴選手と試合を組んで貰えて感謝しています。去年、弟(黒田斗真)が晃貴選手と試合してやられてるんで、兄として僕がしっかりやり返さないとあかんな、って思ってます」と弟の敵討ちを誓う。

 晃貴については「気持ちが強い」と精神面でのタフさを評価。戦い方については「全体的に何でも出来る印象。その中でもパンチとローが強いイメージがあります」と警戒する。晃貴と対戦した弟からは「(晃貴について)色々と聞いてます。ここでは言えないですけど」とアドバイスをもらっていることを明かした。

 さらに「自分のペースで、晃貴選手の得意な距離でも嫌がることをし続ける。それで最終的には倒したいと思ってます」とKO宣言した。

●編集部オススメ

・晃貴が再起戦でKO勝利、武尊の勝利のバトンを繋ぐ

・【K-1】“無敗の優勝候補”壬生狼一輝「男として生き様見せる」“TEAM武尊のエース”橋本実生「決勝で松本日向選手とやりたい」=5.23バンタム級T全選手コメント

・【K-1】MIOvs菅原美優が実現、キャリア最軽量に挑戦のMIO「期待以上のバチバチ見せる」格上挑戦の菅原は「KOしたい」

・【K-1】武尊がレオナにKO勝利! 次は夢の一戦へ、那須川天心がリングサイドで見守る(動画あり)

・美女ファイター菅原美優、計量で怖い顔に「すごい緊張してるの」K-1念願の初参戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧