TOP > ニュース 一覧

【HEAT】“流血のマドンナ”鈴木万李弥「今回は体が違う!」復帰戦へ計量パス

2021/04/25(日)UP

“流血のマドンナ”鈴木万李弥(左から2番目)と“破壊姫”村上悠佳(右から2番目)が計量パス

 4月25日(日)に愛知・名古屋国際会議場 イベントホールにて開催される『HEAT48』の前日計量が24日、名古屋市内にて行われた。

 第6試合の女子キックマッチ[KICK 57kg契約 3分3R]に出場する、”流血のマドンナ”こと鈴木万李弥(26=志村道場)は57.1kg、対する極真出身の”破壊姫”こと村上悠佳(22=TEAM TEPPEN)は56.9kgで計量をパスした。
(HEAT公式ルールでは、タイトルマッチ以外のワンマッチは1ポンド=453.592gオーバーまで認められる)

 計量を終えた鈴木は、自身のSNSで「計量クリア。今回は体が違うのがわかる!」と仕上がりの良さを実感している様子で「明日はやるでい!!」と意気込んだ。
 対する村上は「56.9キロで計量クリアしました!しっかりリカバリーして明日に備えます。あとはやるだけだー!やるぞー!!」と自身のSNSでコメントした。

計量パスし、向かい合う鈴木(左)と村上

 鈴木は空手出身、ガンガン前に出て打ち合うスタイルで、17年に『HEAT40』でブラジル王者ジェニフェル・フェハスと対戦し、鼻から大流血しながらも勝利をもぎ取ったことから“流血のマドンナ”と呼ばれる。
 昨年1月のHEATでJ-GIRLSフェザー級王者の浅井春香に0-2で惜敗した後、前十字靭帯の手術を行い約3ヶ月間のリハビリ生活。今回1年3ヶ月ぶりに試合へ復帰する。

 村上は166cmと鈴木よりも8cm身長が高い。極真空手からキックに転向後、アマ11戦無敗。那須川天心と同じTEAM TEPPENの所属だ。同ジム代表の天心の父・弘幸会長が「蹴りのパワーが女子としては規格外」と太鼓判を押す逸材で“破壊姫”との異名も持つ。
 一昨年2月から4連勝していたが、昨年9月のRISEでこちらも浅井春香に判定負けを喫している。

 激闘が期待される“流血のマドンナ”vs“破壊姫”の一戦、勝つのはどちらか。

▼この計量のその他写真とラウンドガール写真

<計量結果>

▼第6試合 KICK 57kg契約 3分3R
鈴木万李弥(志村道場)→57.1kg
vs
村上悠佳(TEAM TEPPEN)→56.9kg

☆この大会の対戦カード、チケット、スケジュールなどイベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【HEAT】初メインのアビラルが計量パス「いつも通りKOショー見せる」

・【ムエローク】伊藤紗弥とAyakaがBOM王座戦へ計量パス、勝てば賞金100万円のAyaka「明日は暴れます!」

・ぱんちゃん璃奈、計量直前に試合が延期で涙のカップ麺「この2日、塩分取ってなかった」切実な想い語る

・【HEAT】皇治がPPV生配信ゲスト解説に登場=4.25名古屋

・”流血のマドンナ”鈴木万李弥が、”破壊姫”村上悠佳と対決「絶対やる時が来るって思ってた」(鈴木)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧