TOP > ニュース 一覧

【HEAT】”流血のマドンナ”鈴木万李弥が、”破壊姫”村上悠佳と対決「絶対やる時が来るって思ってた」(鈴木)

2021/03/11(木)UP

鈴木(左)と村上(右)、激闘派vs強打がついに対決

 4月25日(日)愛知・名古屋国際会議場イベントホールで開催される『HEAT48』の対戦カードが発表された。

 女子キック57kg戦(3分3R)では、”流血のマドンナ”の異名を取る鈴木万李弥(すずき・まりや/26=志村道場)と、”破壊姫”村上悠佳(22=TEAM TEPPEN)が対決。

 鈴木は空手出身、ガンガン前に出て打ち合うスタイルで、17年に『HEAT 40』でブラジル王者ジェニフェル・フェハスと対戦し、鼻から大流血しながらも勝利をもぎ取ったことから“流血のマドンナ”の異名を持つ。

パワフルな左ストレートを打ち込む鈴木

 最近はMMAルールにもチャレンジするなど活躍して、活躍の場を広げている。前戦は昨年1月のHEATで、J-GIRLSフェザー級王者の浅井春香に2-0で惜敗している。

 その後、前十字靭帯の手術を行い約3ヶ月間のリハビリ生活。今回1年3ヶ月ぶりの試合となる。

 対する村上は166cmと高身長で、極真空手からキックに転向後、アマ11戦無敗。那須川天心と同じTEAM TEPPENの所属だ。同ジム代表の天心の父・弘幸会長が「蹴りのパワーが女子としては規格外」と太鼓判を押す逸材で“破壊姫”との異名も持つ。
 19年2月から4連勝していたが、昨年9月のRISEでこちらも浅井春香に判定負けしている。

空手仕込みのヒザ蹴りを突き刺す村上

 鈴木はSNSで「絶対やる時が来るって思ってました。自分でも胸熱カードだと思います」とこの一戦に懸ける意気込みは大きい。村上もSNSで「気になっていた強い選手なので楽しみです」とこちらも相手のことを意識していた様子で、激闘が期待される。

 他、KICK スーパーヘビー級ではJ-NETWORKヘビー級王者・楠ジャイロ(TEAM JAIRO)が、九州のキックボクシングイベントで二冠を経験している丸山公豊(宮田ジム)と対戦。

 KICK ライト級では、SB日本フェザー級3位・北川裕紀(ZERO ONE GYM)が、タイのテレビマッチで二冠経験を持つワンチャルーム・スペチアーレジム(大石ジム)と対決。
 同じくKICK ライト級でJ-NETWORKフェザー級王者・一仁(真樹ジム愛知)が、斎藤祐斗(JT TRIBE)と対戦する。

<決定対戦カード>
▼KICK ライト級(60kg) 3分3R
北川裕紀(ZERO ONE GYM)
vs
ワンチャルーム・スペチアーレジム(大石ジム)

▼KICK スーパーライト級(63kg) 3分3R
安川侑己(志村道場)
vs
ポッシブルK(Sublime guys・翔拳道)

▼KICK スーパーヘビー級 3分3R
楠ジャイロ(TEAM JAIRO)
vs
丸山公豊(宮田ジム)

▼KICK ライト級(60kg) 3分3R
斎藤祐斗(JT TRIBE)
vs
一仁(真樹ジム愛知)

▼KICK 57kg契約 3分3R
鈴木万李弥(志村道場)
vs
村上悠佳(TEAM TEPPEN)

●編集部オススメ

・“流血のマドンナ”鈴木万李弥が計量パス、J-GIRLS王者・浅井に「ガツガツ来るタイプは燃える」

・【RISE】J-GIRLS王者・浅井春香、計量パスで「元気いっぱい!」“破壊姫”村上悠佳との一戦へ

・ピーター・アーツが“暴君”ぶりを証明、右ローキックで楠ジャイロにKO勝利

・【パンクラス】美女対決の鈴木万李弥と法DATEが前日計量パス=12.8

・【パンクラス】流血のマドンナ鈴木、変わり果てた姿に「これじゃ終われない」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧