TOP > ニュース 一覧

【UFC】マクレガーが三階級制覇狙い、階級上の王者ウスマンを挑発「俺のパンチをパクってる、年末まで待て」

2021/04/27(火)UP

よく伸びる左ストレートを得意とするマクレガー

 4月25日(日)UFCウェルター級タイトルマッチでホルヘ・マスヴィダルを一撃KOし、4度目の防衛に成功したカマル・ウスマン(ナイジェリア)。そのウスマンに、元UFCライト&フェザー級王者のコナー・マクレガー(アイルランド)が喧嘩を売っている。

 25日の試合でウスマンは2R、飛び込むような伸びるカウンターの右ストレートでKO勝利。マスヴィダルは失神した。
 その見事な打撃についてマクレガーは、ツイッターで「ウスマンは俺のショットをパクっている」と自身の得意なカウンターのストレートを真似していると指摘。ツイートには比較のためか、マクレガーがストレートを駆使する試合映像も添付してある。

 さらに「こいつといつか戦うことになるだろうな。俺の言葉やショットをパクって、叩かれないわけがない。俺は170ポンド(ウェルター級)が好きだ。もうすぐ俺のものだ」と階級を上げウスマンのウェルター級王座に挑戦しベルトを獲得すると言う。

昨年1月のウェルター級戦では、わずか40秒でKO勝利したマクレガー

「言葉の真似」というのは、ウスマンがマスヴィダル戦前に「俺と戦うことは、緑のパンティの夜になる」と、マクレガーのセリフをもじって語っていたことだ。マクレガーは昨年1月のセローニ戦前に「俺と戦えるなんて、赤いパンティの夜だな(ファイターの妻が、大きな収入が入り喜ぶことを揶揄している)」と独特の言葉回しで挑発し、話題を呼んでいたことがある。

 マクレガー は「年末まで待て。俺はストラップ(ベルト)を手にしてから、また上に登るよ」とライト級王座を奪還した後に、ウェルターへ上がりウスマンを狙うとも言っている。

ウスマンは14連勝 新たなPFPという声も高い

 マクレガーは7月の『UFC264』で、ポワリエとの3度目の決着を予定している。この試合に勝てば、5月16日のマイケル・チャンドラーvsチャールズ・オリベイラの勝者と、現在空位のライト級ベルトを懸けて戦うことになるのだ。

 マクレガーから戦いを望まれているウスマンだが、昨年5月にはウスマン自身がマクレガーとの対戦を望んでいたことがある。

 しかしその一戦は実現しなかった。そのこともあってか、ウスマンはこうツイートした。「そうさ、お前に試合を申し込んだのに、お前は行方不明になってしまったんだ。謙虚になれよ、お前のプライドはもう奪った」と一度逃げた男にもう興味はないと言わんばかりだ。

 マクレガーは真剣に、三階級制覇を視野に入れているのだろうか。そしてウスマンの王座に挑戦することは出来るのか。

次ページ:マクレガー得意のストレートでKO量産のノックダウン動画集

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・”無双”王者ウスマンが強烈な右ストレートで悪童マスヴィダルを衝撃KO!4度の防衛成功・14連勝で「地上最強のパウンド・フォー・パウンドだ」と歓喜

・カーフキックで敗れたマクレガー、ポイエーとの“完全決着”戦でKO予告「4ラウンド目、ヤツの鼻に前蹴りを喰らわす」

・カーフキックで自爆骨折、ホワイト社長投稿の衝撃動画に100万回再生も、否定的な意見と様々な反響

・マクレガーと再戦のポイエー、超ヘビー級の世界怪力王者からタップ奪う映像が公開

・那須川天心がカーフで負けたマクレガーの欠点を指摘

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧