TOP > ニュース 一覧

【UFC】カーフキックで敗れたマクレガー、ポイエーとの“完全決着”戦でKO予告「4ラウンド目、ヤツの鼻に前蹴りを喰らわす」

2021/04/11(日)UP

完全決着戦に挑む、マクレガーが“前蹴り”KO予告!(マクレガーの公式SNSより)

 今年1月24日(日・日本時間)に開催された『UFC257』のメインイベントで元UFC世界ライト級暫定王者ダスティン・ポイエー(31=米国)に2R TKO負けした元UFC二階級同時王者コナー・マクレガー(32=アイルランド)。

 これで両者の対戦戦績が1勝1敗となり、7月10日(現地時間)に米カリフォルニア州ラスベガスにて開催予定の『UFC264』でポイエーと3度目の対戦が決定したが、そのマクレガーがフィニッシュ予告をした。

ポイエーの強打をもらうマクレガー©Getty Images

 マクレガーは10日に自身のSNSにて、柱に前蹴りをする写真を投稿。「予告だ。(ポイエーとの)3度目の対戦はオレ様の勝利。ヤツの鼻に前蹴りを喰らわす。4ラウンド目だ。ヤツの鼻を真っ直ぐに戻してあげないと」と、KO勝利と共に、ポイエーの激戦で曲がった鼻を治してやると、“マクレガー節”を決めた。

 マクレガーはまた、7日に自身のUFCデビュー戦の映像を投稿。13年のマーカス・ブリメージ戦で、マクレガーが前蹴りを巧みに使いながら距離を支配し、アッパーからのパウンドで劇的なKO勝利を飾っている様子が映っている。

 ポイエーとの前戦では、“流行り”のカーフキックへの対応が出来なかったことが敗戦の大きな理由だとし、カーフキックを含むMMAの最新テクニックの研究・対策を行うとしたマクレガーだったが、この一連の投稿は“初心に帰る”意味で自分が既に持っている武器に磨きをかけるとのマクレガーの意思表示かもしれない。

 果たして、3カ月後、世界のMMAファンが見守る中、“完全決着”戦はどちらに軍配が上がるのか。

 

▶︎次ページ(動画)は、マクレガーがSNS投稿した「UFCデビュー戦の衝撃KO映像」

●編集部オススメ

・【UFC】TKO負けしたマクレガーの再起戦は7月が濃厚、ポイエーと完全決着へ

・【UFC】マクレガーと再戦のポイエー、超ヘビー級の世界怪力王者からタップ奪う映像が公開

・【UFC】マクレガー、自身初KO負けの敗因を“カーフキック”と認める「悲痛な思いだ、私の足は完全に死んだ」

・【UFC】美しき柔術世界王者ダーンが華麗なアームバーで初回一本勝ち「トップ5の選手と戦いたい、私は王者の器」と、タイトル挑戦を宣言

・UFC新ヘビー級王者ガヌー、ボクシングヘビー級王者フューリーと対戦希望

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧