TOP > ニュース 一覧

【K-1】共にプロ初黒星から再起戦の山田真子とNOZOMI「K-1は倒してナンボ、倒せる力をつけるために練習している」(山田)=7.17福岡

2021/06/16(水)UP

NOZOMI(左)と山田真子(C)K-1

 7月17日(土)福岡国際センターで開催の『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN』で対戦する山田真子(27=KINGS)とNOZOMI(16=TAD)のインタビューが主催者より届いた。

 山田は2010年12月に16歳でJ-GIRLS王座を獲得。その後ボクシングに転向し、WBO女子世界ミニフライ級王座を獲得した。2019年11月に約5年ぶりとなるキックボクシングに復帰し2連勝。前戦は今年3月の『K’FESTA.4 Day.2』でMIOに判定負け、プロ初黒星を喫した。

 昨年に続いてK-1九州大会の出場が決まり、山田は「地元の試合やし、呼んで頂いてすごく嬉しいです。やっぱり地元ってなると普段応援に来られない人も来てくれるので、そういう面ではすごく心強いし、いいところを見せたいなって思います」と喜びを見せる。

パンチで攻めまくる山田(右/2020年11月)

 プロ初黒星となったMIO戦は「すごく悔しいというのは間違いなくあるんですけど、すごく得たものもあって。それは言葉では表現しづらくて自分にしか分からないと思うんですけど、改善点だったり、自分を見つめ直すいい機会になって、今はすごく練習が楽しくて充実してます」と語る。

 ボクシングから維持していたプロ無敗記録は途切れたが「それが現実だし、あの時の実力が相手よりなかったから負けたということです。結果が全てなので現実をしっかり受け止めて、“絶対いつかやり返す”という気持ちはあるし、MIO選手には“それまで負けるなよ”と。自分がK-1で初黒星をつけられたんで、“お前に黒星をつけ返してやるから負けんなよ”とていう感じです」と闘志は消えることがない。

元SB王者MIO(左)と対戦した山田の前回の前日計量(2021年3月)

 対戦相手のNOZOMIを「リーチがあってスピードがある。蹴りよりパンチという印象ですね」と評す。NOZOMIが山田に対し「世界チャンピオンをパンチで倒します」等の発言をすることに対しては「ボクシングでタイトルを獲ったのはもう過去の栄光だから、チャンピオン・チャンピオン言われるのは嫌なんですよね。今は今なので」と苦笑する。

「NOZOMI選手には『それでいいんじゃないの?頑張って』くらいですね。ただそう上手くはいかんし、あんまり舐めんなよとは思います。“やれるもんならやってみろよ”って。やっぱりK-1は倒してナンボだと思うし、倒せる力をつけるために練習しているので、倒して勝ちたいです」と意気込む。

 山田は「前回の試合でファンの方たちをガッカリさせちゃったと思うんですけど、その負けで自分も得たものがありました。悔しさも忘れずにしっかり一日一日大事に練習をやってます。またK-1九州大会に呼んでいただいて、 今回はファンのみなさまをガッカリさせないようしっかりパンチのテクニックなどで圧倒して、バシッと決めます」とコメントを送った。

スピード感のあるパンチで攻めるNOZOMI(2021年2月)

 対するNOZOMIはアマチュアで70戦以上のキャリアを誇り、昨年10月にプロデビュー後3連勝。未来に輝く金のタマゴたちを応援するTV番組『ミライモンスター』にも出演経験がある。前戦は今年3月の『K’FESTA.4 Day.2』で菅原美優に判定負けを喫し、こちらもプロ初黒星となった。

 NOZOMIは前戦を「菅原選手は今まで戦ってきた人と違う強さがありました。特にパンチ力とかクリンチになって押し合った時とかの圧力みたいものは感じなかったんですけど、前蹴りはホンマに強くて。あの前蹴りだけで中に入れないっていう。蹴りが痛い・重いわけではなかったんですけど、蹴りで顔が浮いてそれでめっちゃ印象が悪かったと思います」と振り返る。「今までの相手は自分の力でもねじ伏せられるというか、スピードで勝てたんですけど、それを全部前蹴りだけに邪魔された感じです」と、菅原の前蹴りに苦戦を強いられたという。

菅原美優(左)と対戦した前回のNOZOMIの前日計量(2021年3月)

 今回対戦する山田には「コーナーに追い詰めた時のラッシュがスゴいなっていうのがあります。ボディから繋げる顔面へのフックとか、ボクシングのチャンピオンなので、やっぱり連打が上手いですよね」との印象を持ち「パンチをもらわないように、いつも通りステップは踏もうと思ってるんですけど、やっぱりパンチで対抗したいし、最後はパンチで勝ちます」と戦略を語る。

 初めて負けて落ち込んだというNOZOMIだが、オファーを受けてから“やるしかない”という気持ちになっており「前回は前蹴りでやられてしまったんですけど、今回の試合ではボクシングの元世界王者にパンチで勝ちたいと思います」と意気込んだ。

 11戦8勝1敗2分の山田と4戦3勝1敗のNOZOMI、ともに初黒星後の再起戦となる今回、勝利を掴むのはどちらか。

☆この大会の決定対戦カード、チケット、スケジュールはこちら

●編集部オススメ

・[山田の前戦]【K-1】MIOが2度ダウン奪いK-1初勝利、元ボクシング王者の山田真子は初黒星を喫す(動画あり)

・[NOZOMIの前戦]【K-1】”美容師ファイター”菅原美優のK-1デビューはNOZOMIからダウンを奪い圧勝、5連勝をマーク

・(写真13枚)ビキニアーマー”ラウンドガール”人気コスプレイヤー篠崎こころ&宮本彩希がK-1のリングを彩る

・【K-1】美女ファイター菅原美優、計量で怖い顔に「すごい緊張してるの」K-1念願の初参戦

・【海外MMA】女子ボクシング世界7階級女王セラノ、何と“ギロチンチョーク”で秒殺勝利!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧