TOP > ニュース 一覧

【DEEP】KINGレイナとの死闘制した東陽子、背負った団体の威信に「これで負けたらパンクラスに帰れない」

2021/06/21(月)UP

KINGレイナとの壮絶な打撃戦を制した東陽子

 6月20日(日)東京・ニューピアホールにて開催された『DEEP 101 IMPACT~20th Anniversary~』。

 本大会のセミファイナル第7試合[DEEP JEWELS 64kg以下5分3R]にてKINGレイナ(フリー)を判定で下した東陽子(リバーサルジム新宿Me,We)が試合後の会見に出席し、勝利の喜びを語った。

レイナの圧力に引かず、的確にジャブを当て続けた東

 東とレイナの一戦は、まれに見る壮絶な打撃戦。威力のあるワンツーを伸ばすレイナへ鋭く左ジャブをヒット。相打ちも辞さないパンチの交換において、的確なジャブを次々にヒットさせた東がジャッジ3者の支持を集め勝利を飾った。

 会見場に姿を現した東は「ほっとしました。終わったなーという感じです」と安堵の表情。試合中に「(レイナが)思ったより強かったので気持ちが折れそうだった」とピンチに陥っていたと明かした。

東と打ち合ったKINGレイナ(右)は流血

「自分では本当に3Rとも負けたな、押されたなと思っていました」と敗北の感触があったというが、「息子の『がんばれ』という声が聞こえてきたので、ここでいかなきゃ終わりだなと思って前に出ました」と、最愛の息子の声援で勝利をもぎ取ったと語った。

 今回の一戦は「DEEP JEWELS対パンクラス」の対抗戦としての盛り上がりが見えていた。

試合後には息子をリングに上げ記念撮影、脇を固めるのは藤田大和(左)と杉山しずか(右)

 東自身も「パンクラスでデビューして、今までずっとパンクラスで戦ってきました。これで負けたらパンクラスに帰れない」と危機感と共に参戦。「坂本(靖統括本部長)さんが気持ちよく送り出してくれたので、勝ちを持ち帰らないといけないと思いました。勝手に(団体を)背負っていました」と、自らを鍛え育てたパンクラスの代表として戦ったと明かした。

 今後については「ジムに帰って、代表と団体と話し合って決めます」と保留した東。まずは何よりも「息子にいい肉を食べさせたいと思います!」と、東家恒例のご馳走に臨むと笑顔を見せ会見を終えた。

●編集部オススメ

・[今回の試合]KINGレイナが流血の激闘も、シングルマザー東陽子が執念の判定勝ち

・KINGレイナがくびれ見せる余裕の1.5kgアンダーで計量パス、復帰戦は「みんなをびっくりさせたい」

・アトム級GP出場の4選手が計量パス、準決勝は大島沙緒里vsパク、青野ひかるvsにっせー

・【シュートボクシング】MISAKIが計量パス、“スタイルチェンジ”で「今は別人です」対するERIKOは再計量でパス

・【ボクシング】井上尚弥がダスマリナスに3R左ボディブローで悶絶のKO勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧