TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】榊原代表、那須川天心の次戦は「年末で」と即答も、天心vs武尊は「やるんだったら、早めに決める必要がある」

2021/07/20(火)UP

6月の会見で、武尊vs天心戦の開催と中止経緯を語った榊原代表

 9月19日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『Yogibo presents RIZIN.30』の会見が、7月20日(火)都内にて行われ、榊原代表がキックボクシングあと3試合でボクシングへの転向を明言している那須川天心について言及した。

 会見後の囲み取材に応じた榊原代表は那須川のRIZINでの次戦について問われると「年末でしょ」と即答し、さらに「那須川サイドと話しているのは大晦日、年末ということですが、天心vs武尊があるとすると、ワンチャンスで年内じゃないんですかね。だから、それは僕らだけで決められないので、K-1さんサイド、武尊選手サイド、RISEさんと、今後も協議を重ねて。でも、やるんだったら、早めに決める必要があると思うけどね」と、年内での天心vs武尊の実現は今後の協議次第であると言及。

昨年の大晦日、天心がムエタイ強豪クマンドーイにジャンピングハイキック!

 続けて「それ(天心vs武尊)が決まれば良し、決まらなければ、天心の強い思いとしては、(12月)31日(の大晦日)はRIZIN。RISEはもちろんだけど、RIZINと共にここまで来たので、最後の31日はRIZINで、さいたまスーパーアリーナにいたい、そこで試合をしたい、というのが、強い思いではある」と、那須川のRIZIN大晦日参戦を繰り返し、強調した。

 那須川は923日に開催されるRISE横浜大会での参戦が既に発表されており、対戦相手候補は数名いるものの、まだ誰になるか発表されていない。天心のキックは来年3月か4月に開催予定のRISEの春大会までと言われているが、武尊戦の実現はどのタイミングとなるのか。今後の動向が注目される。

●編集部オススメ

・【RIZIN】榊原代表、6.13東京ドームの武尊vs天心戦が「幻になってしまった」開催と中止までの経緯を語る

・【RIZIN】バンタム級GP2回戦の組み合わせ決定、朝倉海vsヤマニハ、井上直樹vs金太郎など準々決勝4カード

・【RIZIN】朝倉海、兄を破った因縁のボンサイ柔術と対戦! ヤマニハに「勘違いしちゃってる、ボコボコにする」

・【RIZIN】石渡伸太郎が引退発表「これ以上、上位陣を倒していくような自分の姿が想像できなかった」

・【RIZIN】王者・浜崎朱加とパンクラス王者・藤野恵実が9年ぶりの対決「一本・KOで完全決着する」(浜崎)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧