TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】榊原代表、6.13東京ドームの武尊vs天心戦が「幻になってしまった」開催と中止までの経緯を語る

2021/06/01(火)UP

榊原代表が武尊vs天心戦の開催と中止経緯を語った

 6月13日(日)に東京ドームにて開催される『RIZIN.28』の会見が本日1日行われた。
 榊原代表は会見の冒頭で「この6月13日、実は天心選手と武尊選手を試合を東京ドームで開催したいと思い東京ドームさんと押さえていた日程だった」と話した。

 まずは武尊vs天心戦の開催経緯を話した。
「6.13はRIZINとは別のイベントで、K-1、RISE含め、皆さんと共同で共通して中立な舞台を作って世紀の一戦が実現できるといいと年明け(から)、格闘技界の中では進めて進めていた。武尊vsレオナ・ペタス戦が1月28日、天心が2月(28日・RISE 志朗戦)があって、そこから6月だったら、準備期間、選手の回復も含め時間があるだろうということで考えていた」と当初の計画を語った。

今年3月、武尊がレオナに勝利しリングサイドの那須川に「最高の試合をしたい、絶対やろうと思ってる」と強いメッセージを送っていた。

 ところが武尊vsレオナ・ペタス戦の1月28日が緊急事態宣言で都からの要請で変更に。この武尊vsレオナ戦は3月28日にスライドとなった。
「そこで(3月の)武尊選手の試合が終わって、怪我がなければ準備を進めて6.13、遂に、ということでアクセル、舵が切れたが、残念ながら武尊選手が怪我を負ったということで、幻と、ちょっとなってしまいました」と半年かけてきた計画が中止となってしまった経緯を説明した。

 RIZINの東京ドーム大会は独自で3月14日開催の予定が緊急事態宣言で5月23日に。それも緊急事態で中止になり、当初、武尊vs天心戦の合同興行だった6月13日をRIZINの独自興行にしたと話した。
 天心のキックは来年3月まで。再び武尊vs天心戦のプロジェクトが立ち上がることはあるのか。

●編集部オススメ

・武尊がレオナ戦で”古傷”右拳の負傷を告白「期待の試合もすぐやりたかった」

・那須川天心、武尊の強さ評価も「僕とは真逆のタイプ」

・【RIZIN】6.13東京ドーム大会で追加4カード決定=サトシvsムサエフ、斎藤裕vsケラモフ、スダリオvsシビサイ、ベイノアvsドミネーター

・【RIZIN】朝倉未来が更なる“打撃”進化、歴戦クレベルに「過去の相手が一度もしなかった技をやる」=6.13東京ドーム

・【テレビ】緊急事態宣言の中、6.13RIZIN東京ドーム大会がフジテレビで生中継を発表、事前番組も充実

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧