TOP > ニュース 一覧

【五輪ボクシング】成松大介が2回戦を棄権”おでこ”陥没骨折、バッティングが原因か

2021/07/26(月)UP

2回戦を”おでこ陥没骨折”で欠場することとなった成松大介

 31日に行われる東京五輪のボクシング男子ライト級2回戦に2大会連続出場の成松大介(31=自衛隊)が棄権すると本日26日に自身のツイッターで発表した。

「東京オリンピック一回戦勝ちました。皆さん応援ありがとうございます。次の試合頑張りたいところですが、試合中におでこを陥没骨折してしまい次の試合は棄権せざるを得ない状況になってしまいました。次の試合楽しみにしてくれた方々申し訳ないです」と報告した。

 25日の1回戦ではムバヤ・ムルンバ(コンゴ共和国)に5-0の判定で勝ちしたが、映像を見ると、2Rの試合中に額の中央が指で押したようなへこみが確認できる。バッティングで注意もされていたことから、それが原因の可能性がある。

 成松は前回のリオ五輪では1回戦で勝つも2回戦で敗退。今回の東京五輪でさらに上を目指したが再び2回戦で敗退となった。

▶︎次のページは【フォト】成松の1回戦で超接近戦の打ち合い、バッティングでも注意されていた

●編集部オススメ

・東京五輪代表の成松大介が発熱で「LEGEND」を欠場、代打に全日本決勝常連の秋山佑汰

・【テレビ】ボクシング『東京2020オリンピック』TV生中継・放送・ネット配信情報=7.24〜8.8(東京五輪ボクシング)

・【RIZIN】皇治のバッティングで梅野が続行不可能、まさかのノーコンテストに

・ヘビー級の一撃で115kgの巨体が吹っ飛び場外へ!16秒で戻り再開、ルールは?

・4団体統一戦、チャーロvsカスターニョの前日計量が乱闘騒ぎに! とんでも男が出現

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧