TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】2年前の今日、ヘビー級の一撃で115kgの巨体が吹っ飛び場外へ!16秒で戻り再開、ルールは?

2021/07/20(火)UP

ヘビー級のパンチで場外へ吹っ飛ばされ、戻ってきた珍場面をTOPRANKが公開した(TOPRANKツイッターより)

 2年前の今日、19年7月20日(現地時間19日)米ワシントン州にて中谷正義とテオフィモ・ロペスのIBFライト級王座挑戦者決定戦が行われ、ロペスが判定で勝利したが、その前座で珍しい出来事が起来ていた。それを米ボクシングプロモーションTOPRANK社が「2年前の今夜の珍事件として」Twitterにて映像を紹介した。

【動画】115kgが場外に吹っ飛ぶ! そして戻りKOされる衝撃シーン

 その試合はカシアス・チェイニー(米)vsジョエル・コードル(米)のヘビー級8回戦。

 チェイニーは身長198cmで体重114.6kg、15戦無敗でKOも量産。対するコードルは8勝2敗2分の戦績で身長は178cmながら体重は115.9kgと、体重はややチェイニーを上回る。

 序盤からチェイニーが猛攻、フックの連打で攻めるとコードルはふらつき立っているのがやっとの状態。右フックがヒットしアゴが上がると、右フックで吹っ飛ばされ、そのままロープの間から場外に前のめりに落ちる。うつ伏せの状態からゆっくり立ち上がると、コードルはコーナー側から再びリングイン。場外から16秒。戦う意思を示し、そのまま続行も再び連打されレフェリーがスタンディング状態のまま試合を止めた。

 果たしてボクシングの場外の時間規定はどうなっているのか。 現地で取材に行っていた植田洋介氏に話を聞くと「ボクシングの場外での時間規定はJBC(日本ボクシングコミッション)のルールブックには20秒。しかしこんなこと滅多にないこと。団体によって違うと言う話も耳にしたことがあり、試合を担当したレフェリーに直接聞くと、やはり20秒と言ってました」と言う。場外が10秒だと5秒で立ち上がっても残り5秒でリングに戻るのは難しい。だからこそ場外の場合は20秒と設定されているのではないだろうか。

 なお、勝利したチェイニーはその後WBC米国ヘビー級シルバータイトルを獲得。現在も無敗を続け8月14日(現地時間)には米マサチューセッツ州で試合が予定されている。

▶︎次のページは【動画】115kgが場外に吹っ飛ぶ! そして戻りKOされる衝撃シーン

●編集部オススメ

・【ボクシング/動画あり】ロメロが体重超過の相手を豪快KOし王座防衛、WBA王座統一狙いメイウェザー愛弟子デービスをSNSで挑発

・【ボクシング/動画あり】ゴングの音と勘違い、後ろを向いた王者に一撃KO勝利

・【ボクシング/動画あり】マクレガー風のワル、試合前のグローブタッチでまさかのボディブロー! 対戦相手は怒りのKO勝利

・【ボクシング/動画あり】4団体統一戦、チャーロvsカスターニョの前日計量が乱闘騒ぎに! とんでも男が出現

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧