TOP > ニュース 一覧

【シュートボクシング】再起戦に挑むKINGレイナとSB王者”フルボッコ”未奈が計量パス「投げをバチバチに練習してきた、3回以上は投げたい」(レイナ)

2021/07/28(水)UP

未奈が計量パス

 7月29日(木)東京・浅草花やしき・浅草花劇場にて開催される『SHOOT BOXING Girls S-cup2021 -road to tournament-』の前日計量が28日(水)に都内にて行われた。
 メインイベントの第5試合(65.0kg契約/エキスパートクラス特別ルール/3分3R延長無制限R)で対戦するSB日本女子ライト級王者の未奈(32=秀晃道場)と対戦するKINGレイナ(25=フリー)が、共にリミットの65.0kgでパスした。

【フォト8枚】未奈とKINGレイナの計量写真

KINGレイナも計量パスでマッスルポーズ

 未奈は、殴り合いを好むSB女子重量級のエース。昨年11月のSB日本女子ライト級初代王者決定戦でホーストカップ王者・溝口孝湖に打撃、そして投げで5つのシュートポイントを獲得し悲願のSBベルトを巻いた。今回は王者としての初戦を迎える。

 対するKINGレイナは、現在2連敗中でSBルールで王者・未奈を相手に再起をかける。前戦のDEEPではパンクラスバンタム級1位の東陽子(リバーサルジム新宿Me,We)を相手に流血の打撃戦を演じたが、3-0で判定負けを喫した。過去SBには18年8月のGirls S-cupに参戦し、韓国のキム・ヨンギと打撃戦を演じ2-0の判定勝ちを収めている。

 計量後の囲み取材で、KINGレイナの印象を「クマ」と即答した未奈は、終始リラックスモード。柔道出身のKINGレイナの投げも臆することがない様子で「(自分を)投げられないと思う。(これは)SBで柔道じゃないので。私はシュートボクサーなので絶対にマットに倒れない」と語気を強め「シュートボクシングの全ての技を使って、格闘技を知らない人が見ても誰が見ても分かるように明白に勝つ」と意気込んだ。

 さらに、東京五輪で女子選手の活躍が目立っていることが刺激になるかと尋ねると「なりますね。コロナの影響もあって本当は今回世界トーナメントになるはずだったけど、開催できるだけ嬉しい。世間の五輪に負けないようにしたい」と、SBのベルトを持つ王者として、目の前の対戦相手だけでなく、五輪とも勝負する意気込みだ。

 対するKINGレイナは「投げをバチバチに練習してきた、3回以上は投げたい」と、盤石の強さを誇るSB王者を投げる気満々。続けて「(王者であっても)関係ない。(私はこれまで)ずっとDEEPとRIZINのリングに出場していて、デカイ相手とやってきた。今回の体重以上の人を投げてきた。柔道時代も100kg、150kgの人を投げてきた」と投げに絶対的自信を見せる。

 また、その自信は単なる経験からだけでないようだ。KINGレイナは、これまで食生活を含め体質改善を行いフィジカルが飛躍的に向上したことを強調。「さらに成長し進化した姿をファンに見せたい」とし、フィジカルアップで強化したパンチで「欲を言うなら1R、2Rにはぶっ倒したい」と、鼻息荒くKO宣言した。

 勝利の女神が微笑むのは、再起戦に挑むKINGレイナか、SB重量級女王の未奈か。

▶︎次のページは【フォト8枚】未奈とKINGレイナの計量写真

●編集部オススメ

・【シュートボクシング】KINGレイナが再起戦、SB女子ライト級王者・未奈に挑む=7.29浅草花やしき

・【シュートボクシング】RENAとの対戦を熱望するMISAKI、19歳新鋭相手に「RENA戦に繋げるためにも倒さないといけない」=7.29 Girls S-cup

・【シュートボクシング】修斗世界3位の杉本恵がアマムエタイ金のユリカと対戦決定=7.29 Girls S-cup

・【シュートボクシング】王座を目指すMISAKI、“原口健飛チーム”の坂田実優と激突「必ず私が勝ちます」=7.29浅草花やしき

・【テレビ・配信】7.29『Girls S-cup2021』未奈vsKINGレイナほか生中継、配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧